救世主現る

0
    11月も終わりに近づき
    大分寒くなりましたね
    今年もあと一ヶ月ちょっと…
    早いもので入社して3年が経ちました。


    制作にもようやく新人Kさんが入り
    これから3人で頑張っていこうかという最中…

    なんと
    制作のボスSさんが緊急入院!!

    仕事の面では当然Sさんしかわからない事が多く…

    一時はどうなるかと思いましたが

    救世主現る!
    新人Kさんです

    経験者ということもあって
    筋がよく、理解力がハンパない

    この新人Kさんの大活躍により
    このピンチをなんとか
    乗り越える事ができそうです

    この方が入っていなかったらと思うと
    ぞっとしますね…


    Sさん、早く元気になって仕事に復帰できる日を
    Kさんと共に心待ちにしてます。







    by CHOKU

    どうなる大阪。。。

    0
      大阪城
      大阪市と堺市が合併し、大阪都になる構想には、行政の一元化による各活動の円滑化、首都機能の拡充による都市の発展などのメリットが掲げられている。一方で国家による「少数支配」の歴史から地方分権に移りつつある昨今の情勢に相反する、むしろ区の分割によって行政効率が悪化するとの批判もある。 彼らの考えが新時代を切り拓くのかどうか、それは筆者にもよく分からない。が、そうした新しい刺激を日本人が求めている事は事実のように思えるし、実行するからには成功して欲しい。ひとまずは彼らの成功を祈っている。 by きんやさかい
      JUGEMテーマ:ニュース

      今日は何の日。。。

      0
        記念日


        ○日本のABCの日
        日本ABC協会が1988(昭和63)年に制定。

        1952(昭和27)年のこの日、日本にABC(新聞雑誌部数監査機構)が誕生した。

        ABCは、広告料の基準となる新聞や雑誌の発行部数を調査する団体である。

        資料より抜粋

        歴史的事象

        1636年マサチューセッツ湾植民地の一般議会がハーバード大学の創立を決議。アメリカ最古の大学。wikipedia - ハーバード大学

        1879年東京警視本署が京橋新船町に水上警察署を設置。日本で初めて「警察署」という名前が使われる。wikipedia - 東京水上警察署

        1886年アメリカ独立100周年を祝いフランスから寄贈された自由の女神像の除幕式。wikipedia - 自由の女神像 (ニューヨーク)

        1940年第二次世界大戦で、イタリアがギリシャに侵攻。ギリシャ・イタリア戦争が勃発。wikipedia - ギリシャ・イタリア戦争

        1952年日本テレビ放送網(日本テレビ)設立。wikipedia - 日本テレビ放送網

        1962年ソ連がキューバから攻撃的兵器を撤去するよう指令。キューバ危機回避へ。wikipedia - キューバ危機
        1965年第二バチカン公会議で「キリスト教以外の諸宗教に関する教会の態度についての宣言」を発表。wikipedia - 第2バチカン公会議
        1972年中華人民共和国との国交恢復を記念して日本に贈られた雌雄2頭のジャイアントパンダ「カンカン」「ランラン」が上野動物園に到着。wikipedia - ジャイアントパンダ

        1993年ドーハの悲劇。ワールドカップサッカー・アジア最終予選でロスタイムでイラクに得点され出場を逃す。wikipedia - ドーハの悲劇
        2007年アルゼンチンで、前大統領の妻クリスティーナ・フェルナンデス・デ・キルチネルが大統領選挙に当選。wikipedia - クリスティーナ・フェルナンデス・デ・キルチネル
        by きんねんび
        JUGEMテーマ:日記・一般

        お金持ちにある8の共通点^^

        0
          ゴールド

          最近見たある記事からのインデックスですが。。。お金持ちの行動はワンパターンらしくて、考え方のパターンが似通っているのは、それなりの合理性があってのことだそうです。逆に、そのワンパターンの行動を真似すれば、お金持ちになれる可能性があがるのかもしれません。

          ●お金持ちたちの共通点

          ・お金持ちは親切である

          お金持ちはとにかく親切である。異常と思える親切なことをしてくれる。金銭的な面だけじゃなくて、「こんな大 物がこんな手間をかけてくれるなんて」と驚くようなことまでしてくれたりする。

          これはおそらく、親切にして得られる信用は費用対効果がいい、とわかってやっているのだと思う。とある社長がやってくれたこと(だいたい社長個人の作業として30分くらいかかりそうなこと)で、私は感激し、数百万円くらいの仕事を紹介したことがある。数百万円は大きな会社にしてはたいしたことがない数字かもしれないが、それでも30分くらいの手間で、数百万円の売上が立つなら、悪くない投資である。

          ・お金持ちは無駄遣いをしない

          お金持ちはとにかく無駄遣いをしない。100円で買えるものが150円で売っていたら、滅多なことでは払わない。お金持ってるからいいじゃないか、と私が思うようなことでも、無駄なものには一切お金を払わない

          ・お金持ちはお金を使う

          お金持ちはお金を使う。無駄遣いはしないが、お金は使う。

          うまくいえないが、お金を流すということを意識しているのではないか。自分のところに貯めておかずに、流れをよくすることで、より自分にお金がはいるようにしているのだと思う。

          いわゆる投資もそうだが、若い人やこれからの人を支援したりすることには時間とお金を惜しまない。そのことでよりお金が回ることを知っているからだ。

          ・お金持ちは周りを大切にする

          お金持ちは周りを大切にする。無駄遣いは一切しない代わりに、友人に贈り物をしたり、私のような一般人に高級なディナーをおごったりする。

          これは、その行為を投資だと思ってるのかな、と思ってたのだけど、そこまで合理的ではない。ただ周りの好きな人間を大切にしたいという気持ちのようだ。

          ・お金持ちは勉強する

          お金持ちは勉強をする。とにかく本を読む。講演を聴く。人から教えてもらう。

          勉強したことが無駄にならないことをわかっているからかもしれない。

          お金持ちは語るより聴く
          お金持ちは語るより聴く。人にたいして自慢話をしたりはあまりしない。むしろ人から話を聞こうとする。

          考えてみれば当たり前で、自分の話をするメリットより、人の話を聴くメリットのほうがでかいわけだ。ペラペラ自分の話ばっかりするお金持ちはあまりいない。

          ・お金持ちは挑戦する

          お金持ちは挑戦をする。やったことないことや、苦手なことをやってみようとする。たとえば、ゲームセンターなんかにいかない人たちだが、たまたまいったら流行っているゲームをやってみようとする。普通の人は面倒になって見てるだけだったりするのだが、積極的に挑戦をしようとすることが多い。

          失敗するリスクの低さと、経験のリターンの大きさを知っているのだろうか。

          お金持ちは短期的にネガティブ、長期的にポジティブであるお金持ちは短期的にネガティブ、長期的にポジティブである。よくお金持ちはポジティブな人が多いと言われるが、実際には、そうでもない。短期的には悲観的だったり不安に思ってたりすることが多い。避けられる失敗はなるべく避けようとする。

          一方で、将来的に自分がどうなるか、などに関しては驚くほどポジティブである。長期的に悲観になっても無駄だということを知っている。逆に、短期的に「まあいいか」と楽観的になると、のちのち悪いことが起きるのを知っているので、目の前のことに対しては真剣に考える。

          最後に私が知っていることをまとめてみたんですが、実際にまとめてみると驚くほど意外とシンプルです。だがこれを全部できてる人はなかなかいないんですよね。

          お金持ちになりたいと思っている人は、マネしてみるといいことがあるかもしれません。。。
          by きんマネー
          JUGEMテーマ:日記・一般

          今時の思春期の子ども達。。。

          0
            思春期

            皆さま方も一度はこういう時期を乗り越えて今があると思いますが私自身の娘はまさにまっただ中で中学生女子です。。。

            ものの本によれば一般的に、思春期・青年期は10歳〜30歳と言われ、このような傾向の時期になります。

            •自分の価値観や理論体系を形成する時期

            •体の変化と性への目覚めの時期

            •親や他の大人からの独立願望が芽生える時期

            •経済的独立願望の芽生える時期

            •自立した人間関係の構築する時期

            •職業の選択・結婚の人生設計をする時期

            体の成長にともなう心のアンバランスさは今も昔も同じだと思いますが、今どきの思春期の特徴は少しニュアンスが違ってきています。

            現在の社会自体が複雑になっていて多くの問題を抱えているので無理もありません。私自身の印象も含めて当時の女子の気持ちや発言を思い出してみると・・・

            •外面的にも内面的にも自分が人からどう見られているのかがすごく気になる。最近は男の子も臭いや肌荒れなどを気にする。
                   
            •空気を読む。対人関係の中で自分が空気を乱していないか気にする。
            •打たれ弱く忍耐力がない。ストレスを内側に抱えやすい。少しのことでキレる。

            •自分から行動しない、仲間がどうするか常に様子を見る。自分が決めなくてもなるようになると思う。

            •経験値が圧倒的に少ない。小さな失敗体験を克服せず大人になってしまうので、失敗をとても恐れる。失敗するくらいなら行動しないほうがいいという思考。

            •自己所有意識が強い。パーソナルな空間や自分だけの所有物を欲しがる。携帯、TV、ゲーム、部屋など。

            •コミュニケーションスキルが低い。語彙がせまく、言いたいことをうまく言葉にできない。

            •負の部分を内側に隠し、表面的には良い子を演じるのが上手い。問題が発覚しにくい。

            •無理をしたがらない 欲がない 自分の知っている範囲意外のことをやりたがらない。
            •性的関心がバーチャルリアリティに発展するケースが多くなっている。

            •ものごとに対してこだわりやひっかかりを持つ事がめんどくさい。

            •キャリア志向より家庭志向が強い。全体的に安定志向。

            •やさしいく素直、いつまでも親離れしようとしない。

            こうみると消極的内向的で若者らしさに欠ける印象がありますね。
            実際には今の若者は二極化しているという話を巷でよく聞きますので、上記に当てはまらずもっとアクティブで意欲的な若者ももちろんいると思います。あくまで傾向として多くなっているという話ですから。。。

            だからと言って親が心配しすぎても仕方がありません。
            親子のコミュニケーションで大切なことは、どんな時代でどんな問題があっても変わらないと思います。

            子供が子供自身の力を十分に発揮し成長することはすべての親の望みだと思います。

            親子コミュニケーションを少し勉強することで、子供の個性を変にゆがめてしまったり、反発を強くすることを防ぐこともできますし、その時期の子供を知る事で親自身も気持ちが楽になると思います。

            ですから私自身、今の現実を真直ぐに受け止め難しいと言われる思春期の娘にも真っ向から接して将来娘が大人になった時よい父と子の関係でいれればなと思い願う今日この頃です〜。。。

            by きんパパ


            遷都。。。

            0
              日本列島

              遷都(せんと)。。。意味知ってますか〜

              国の首都を別の場所に移すことですね。

              例えば今、日本は東京が首都ですが、大阪や名古屋など(別に大都市じゃくてもですが)他の都市に首都が移ると遷都した事になります。

              例を言うと。。。

              明治維新において、京都から東京に政府を移したことについては江戸→東京(東の京だから命名)←これ東京の都市名の由来!!

              アメリカのニューヨーク→フィラデルフィア→ワシントンD.C.

              ブラジル:リオデジャネイロ→ブラジリア(1960年供用開始)

              統一ドイツ:ボン→ベルリン(2001年機能移転完了)

              イタリア(旧のサルジニア王国)のトリノ→フィレンツェ→ローマ
              *ウィキ参照


              その昔明治時代の頃、政府は当初、大阪遷都で話がまとまっていたそうです。提唱者は有名な大久保利通。彼は『大坂遷都論』の中でその理由を次のように述べています。


               々餡箸漏姐颪箸慮鮠弔篶Τし海魘修江貊蠅箸靴導い北未靴薪垰圓任△詆要がある。

              ◆‘本の台所的存在で流通の拠点であった大阪が適当。

              また、遷都の必要性についても、新しい時代を迎える中で、現状の天皇とそれを取り巻く公家たちの関係を断ち切る必要から、天皇を京都から連れ出す必要がある、というのが彼の考えだったようです。(勉強になるなぁ〜)


              そこで!!


              日本の首都はどう考えても移転すべきです!!

              プレートの重なり合わない、地盤のしっかりしたところへ!!

              国会議事堂がいつも揺れていては政治改革は進まないすよ〜

              アメリカの首都はニューヨークから数時間離れたワシントンですもんね。

              経済と政治の中心は別の所に創った方がよいと思う!!

              先日あるテレビでもささやかれてましたが遷都は岡山なんかいいではないかと言う発想??

              言われてみると確かに、しっかりとした地盤、過去みても災害が本当に少ない都市だそうです。

              今回の地震で将来の人生設計を変えなくてはいけなくなった方も多いかも。

              これからどういう風に生きていこうかなんて??

              国境にとらわれない遊牧民族的な生き方にしようと思う今日この頃です!!

              by きんせんと


              節電に疑問!?

              0
                福島第一原発

                世の中「節電」ばやりですね。

                今年の夏はエアコンの代替品としての「扇風機」が売れすぎて品薄とか、、、。

                衣料品も「クールビズルック」が売れているようです。

                しかし、ほんとうに「節電」の必要性ってあるんでしょうか?

                問題なのは、「夏場のピークの電力需要」のはずじゃなかったですか?

                というのは、電気は(通常)貯めておけずに、必要な時に必要な量を発電していると聞いています。*テレビの番組より。。。

                そして、電力需要が供給の100%にまで達すると、停電してしまうという話です。(バチッと停電してしまうわけではないと思いますが、、、)

                そのために、需要が供給の100%にならないように、注意する必要があるっていうことだったんじゃないですかね?

                そのうえ、現在の供給量では、需要が供給の100%になるのは、一夏で数回と予想されている、とどこかで見かけてます。

                100%になるそのピークさえカットして、100%以内に抑えれば、まったく問題が起きないとも聞いています。

                つまり、供給の50%の状態でも、80%でも90%でも、問題がないということでは同じはずですよね。

                それに、家庭での電力消費は、全電力需要の1/3くらいだという話じゃないですか。大した消費電力じゃあないすよ〜

                としたら、一夏で数回だけ、ピークカットすればいいだけですよね〜一般家庭での「節電」なんて、必要ないんじゃないと個人的には思うんですが。。。

                なにか、「節電」ブームで一儲けしようとしている人たちに踊らされているだけか、東電の「原発の変わりは計画停電だ」という脅しに振り回されているだけじゃないかとも思ってしまいます。。。

                たぶん「節電」「節電」というのも、東電・安全院・政府がウソを言っていたのと同じように、何かの意図でばらまかれて便乗している「風評」のたぐいだと思います。

                「節電」のことは、冷静に考えてみる必要があると思います。

                by きんエコ
                 

                最恐のアプリ「カレログ」!!

                0
                  カレログ

                  恋愛&家族の絆を支援するAndroid アプリ&クラウドサービス「カレログ」
                  大切な人から決して目を離さない最新アプリがついに登場!!

                  いやぁ・・・これは非常に恐ろしいですね・・・。

                  ●カレログとは?
                  家族やパートナーが現在どこにいるかを把握するスマートフォンの
                  GPS機能を用いた位置情報通知サービスです。あらかじめ彼氏や
                  家族の持つAndroid携帯電話に、カレログアプリをインストールしておけば、
                  彼氏の現在のGPS位置情報を常にあなたはチェックすることが可能です。

                  ●カレログ サービス概要
                  【無料体験会員&本会員】
                  ★彼氏や家族の携帯の位置をGPSで特定できます。
                  ★端末のバッテリー残量もわかるから、「電源が切れちゃった」なんて言い訳は通用させません!
                  ★サービス利用はバックグランド操作で行うから、どのタイミングで情報取得しているかは
                  彼氏の端末で一切わかりません。

                  【プラチナ会員】
                  本会員の機能に加えて…
                  ★さらに!
                  彼氏の携帯電話通話記録まで、リアルタイムに入手可能!
                  もう浮気や電話代の無駄使いは絶対にさせません。
                  ★さらに×2!
                  彼氏の携帯電話にインストールしたアプリも丸わかり!
                  出会い系アプリやHなアプリを入れてもすぐにチェックできてしまいます!

                  詳しくはコチラへ→ http://karelog.jp/

                  使い方は人それぞれなんで、良い方にも悪い方にも転がるんでしょうけど・・・・
                  絶対に彼女や奥さんには教えたくない情報です・・・(´ω`)トホホ…。

                  by ikettey-


                  なでしこジャパン!

                  0
                    なでしこ

                    今朝からTVや新聞で「なでしこJAPAN」の話題で持ちきりです。


                    先制点を許し、その後粘りに粘って2−2の激闘からのPK戦を
                    3−1で制し、3大会ぶり3度目の優勝を狙った米国を破って、
                    初優勝しました。


                    それも過去23試合、アメリカと対戦していますが

                    0勝21敗3引き分けと今まで一度も勝利したことがない上に

                    W杯決勝という大舞台でのアメリカに初勝利・そして優勝は

                    かなりの快挙ですね。

                    あまり女子サッカーには関心がありませんでしたが感動し励まされた1日でした。


                    ありがとう。

                    by oka



                    じいちゃん&ばあちゃんパワー

                    0


                      カミさんのお義父さんとお義母さんが凄いんです。


                      特にお義母さん、80代ですが Windows バリバリ!

                      お義父さんが史談会の会長をして

                      こっちでは少しばかり有名?です。

                      NHK、OBS、TOSにも取り上げていただき

                      自宅での取材もありました。

                      OABは、まだかなぁ〜 ====3




                      自費出版の本も14冊は越えています。

                      この本の制作は、お義母さんがひとりで

                      Microsoft Word を使って編集していくのです。(驚!

                      写真の取り込みからレイアウトまで、ひとりでこなします。

                      校正だけはお義父さんが行い、

                      「あー」だ、「こう」だと指示します。




                      Windows は、ここ3年の腕前。以前は、ワープロでした。

                      しかしながら・・・やはり老いは勝てないようで

                      昨日まで出来たことが、出来ずに電話が掛かってきます。

                      私の知らない高等テクニック?を聞かれ焦ることも (泣。。。




                      集大成として長年研究した

                      「佐伯藩の武士の日記」を作成しています。

                      資料は、臼杵、佐伯の図書館資料や

                      九州大学の先生方の協力のもと最終段階にきています。

                      印刷所も決定。



                        ただ・・・・



                          販売の方が・・・・



                      自費出版っていうのは儲けがないですから〜。

                      もとより儲けは考えず、元手ぐらいはと思っているようですが

                      厳しいでしょうね。。。。





                      そこで、儲けド返しで eCub 化を提案しています。

                      eCubデータです!!


                      つまり・・・・


                      PUB型式でファイルを保存し配布する「電子書籍」

                      皆さんもご存知のとおり

                      「大日本印刷が国内最大級の電子書店を今秋開設するそうで

                      5年後売上500億円目標という市場に」

                      という挑戦をしてもらいます・・・(爆笑



                      実は、お義母さんにも電子書籍を

                      作成することが出来る方法があるのです。

                      まだまだ現役のWindows使いの老人パワー!を期待します。




                         つづく・・・・  Power By シモカワ



                      calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM