佐野元春&ザ・コヨーテバンド 2017年新作『MANIJU(マニジュ)』を聴いて・・・

0

    JUGEMテーマ:音楽

     

     

    まず、『MANIJU(マニジュ)』と言うアルバム名から何なんだろうと思った?
    名前なのか?精神的 な表現なのか?分からない・・・
    そして、ジャケットアートの不思議なポップな感じが心に染み渡り続ける。
    それは、煌びやかな花の帽子を被って、女性の顔から涙がこぼれている・・・
    華やかでポップなのに涙が溢れている・・意味深ささえ感じさせてくれる。

     

    アルバムを聴くと、ここにある12曲の楽曲はまた、新しい佐野元春の世界が
    今の時代に沿った世界を、ポップなメロディに乗せて社会的なメッセージや
    愛のメッセージにと、そのビート詩的なリリックとビートが奏でる
    その世界は私の大切な心の世界に訴えかけ続けてくれる・・・

     

    また、サウンドはポップ、ポップなアレンジでアンサンブルの豊かな感じで
    言われた通りサイケデリック(リボルバー、サージェントの頃の
    ビートルズに影響されてるかな?)、フォークロック(ディラン・バーズなどに

    影響されてるかな?)ニューソウル(マーヴィン・ゲイに影響されてるかな?)

    などなど多彩でポップなサウンドが満載である。

     

    何よりも最後の曲、マニジュは素晴らしく、このジャケットアートの
    世界のように美しくも儚い世界を写し出した名曲でもあり
    本当に何度も聴きたくなってしまうアルバムでもある。

     

    そんな、佐野さんはもう60歳を超えて、デヴューして37年・・
    私もファンになって35年近くになる訳だが・・・
    60代になって、こんなアルバムを作るアーテイストはいるのだろーか?
    普通であれば、過去の焼き直しや、似た様な感じのアルバム
    過去ヒットした曲のベスト盤など出し続けているのが
    殆んどではないのではないか?

     

    今回のアルバムは、確かに私より若い世代に
    アプローチした感じの作品でもあるが
    また、新しい世界に一歩前に前進した感じでもある。

    まさか、60歳を超えている人が作ったアルバムとは思えないぐらい、
    エヴァーヤングな気持ちにさせてくれる。


    しかも、ありきたりの言葉での恋愛ソング、応援ソングが蔓延る
    今の日本のミュージック界に置いて、これほど美しいジャケットアートや

    詩的な世界を放った素晴らしいアレンジのポップなロックアルバムを

    出して貰った事に、35年近くのファンとしては本当に嬉しく思う。

     

    そして、このアルバムのマニジュの意味の答えは
    そのビートとの共感の中にあるかもしれない。

     

    あとはまた、ライブで会える事を願って--

     

    By Beat

     


    ビートルズのアルバム・・Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Bandの50周年記念のリミックス盤を聴いて

    0

      JUGEMテーマ:音楽

       

       

      ロック史上最高傑作ともいわれる名盤、ビートルズの

      Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Bandの50周年記念のリミックス盤が出た。

       

      当然、私も6枚組スーパー・デラックス盤とアナログ盤を買った。

      これで、このアルバムだけで何枚買っただろ〜と、ちょっと

      レコード棚とCD棚を確認したらすごい数になる。

       

      まず、レコードは中学校の頃に亡き親父に初めて買ってもらった
      アップルのフォーエヴァー帯から始まり、そして国旗帯盤に
      赤版のオデオン盤に、オリジナルのパーロフォン盤
      それから、2009年のリマスター盤、リマスターMONO盤と

      そして今回のアルバム。

       

      CDは、80年代のCD、2009年リマスターCD、リマスターmonoCD
      そして今回のリミックス盤...と、いう訳で・・・・

      かなり持っているんだが、それでも買ってしまうのは
      これはどしようもなく、ビートルズ関係が出れば全て買ってしまうと言う
      一種の病気でもあり、ブラックホールでもあり、サンクチュアリーなのだ。

       

       

      始まりは、初めてビートルズのレコードを亡き親父から中学生の頃
      買ってもらったのが、このアルバムと、A Hard Day's Nightの2枚を
      一緒に買ってもらって、初めは、Sgt. Pepper'sの方は何かモヤモヤした感じで、
      僕の好きな初期のロックン・ロール的な感じでなく、このアルバムの良さが分からず、
      A Hard Day's Nightばかり聴いていたのを思い出す。

       

      それから年月が流れ、いろんなアーチィストのアルバムを聴くようになり
      このアルバムの素晴らしさが分かり、今では定番的によくターンテーブルに乗せている。

      そして、中学生からこのアルバムは何回聴いたのか?定かでではないが
      1万回は聴いているかもしれない。

       

      それだけ、このアルバムの持つ40分近くの音楽の世界は
      ジャケットアートの世界から、ロックを超えたクラッシック的な作品世界が放つ
      壮大な音と空気感の芸術的な美しさがあり、このアルバムから
      ロックミュージックが変わって行ったと言う歴史的な素晴らしいアルバムであると思う。

       

      そんな今回のリミックスは、オリジナルmonoをステレオ化すると言う意図でやったらしく
      確かに、リンゴのドラムの音とポールのベースの音の強さが全面に出て
      聴いていて気持ちがいい。

       

      今、このリミックス盤のアルバムは50年前に出たアルバムと思えず
      現在に出たアルバムと言っても遜色ない音だろう。

       

      ただ、やっぱりオリジナルのような靄が掛かったような音が
      このアルバムの感覚でもあるんだが、、
      こんな音的な事を思うのは、ビーチ・ボーイズのPet Soundsのアルバム
      ぐらいしか思いつ かないんだが・・・

      現に、私もPet Soundsのアルバムもこのアルバムと同じぐらい持って
      いるから仕方ないんだけど・・・

       

      こんな60年代の名盤のアルバムはやっぱりCDではなく
      大きなジャケットを眺めながらアナログで聴くのがいい。

       

      まあ〜こんなコレクション数々、普通の人には理解されないんだろ〜な、、
      もし、私が死んだら誰かに二束三文で売られるか

      捨てられるか、どうなるのやら・・・・

       

      それでも収集の旅は続いて、マッキントッシュのアンプにJBLのスピーカーから
      流れる音楽の至福のひと時を死ぬまで楽しんでいくんだろ〜な・・・

       

      by Beat

       

       


      ポール・マッカートニーの「ワン・オン・ワン・ツアー」を東京ドームで観た。

      0

        JUGEMテーマ:音楽

         

        GWの始まりの日.....

        ポール・マッカートニーの「ワン・オン・ワン・ツアー」を4月29日に東京ドームで観た。

         

        最近は、仕事意外で年齢を重ねるに連れて流される毎日に、腰が重くなり・・・
        そうはなりたくはないんだが、、ポール・マッカートニーが
        ライブで来ると言えばまだまだ、東京でも行ってしまうぐらいのフットワークはあるんだなぁ〜


        と、言う訳で4月29日の土曜の休日と言う事もあり、チケットの抽選も当たった事もあり
        もしかしてこれが最後の来日かと思い、、思い切って行く事にした。

        前回、東京ドームでのアウト・ゼアー・ツアーから2年振りに観て、今回で5回のツアーを観た訳だが
        またまた、アリーナじゃなく、1塁側のスタンドで、まめ粒ぐらいにしか観れなかったが、
        仕方ないと諦めるとして…

         

         

        なんと、僕の大好きなジョン・レノンのメインボーカルの曲のA Hard Day’s Night で
        始まったライヴは、ビートルズナンバー中心のセットリストの中、Love Me Do や
        初めてレコーディングした In Spite of All the Danger も演奏され
        アコースティック、バラッドありの、ヘフナーとレスポールを持ってロックンロールありの…
        前回とさほど変わらないベスト的な選曲の数々で、ビートルズから始まったファンとしては
        前回も思ったが、やっぱりこれでも、いいんだよ〜と 納得させられた内容で
        何よりも、4年前に観た時や、2年前に観た時と、殆ど変わらない姿や
        2時間30分近くの、全39曲のライブパフォーマンスで、一切水も飲まないポールは
        本当に74歳なのか?と思えない程、すごいとしか言いようが無く、

        本当に観てるだけで、幸せな気持ちになり、元気をもらい

        ありがとうと言いたいライブだった。

         

         

        あとは、ブルース・スプリングスティーンが来日してくれれば、東京でもまたまた
        重い腰を上げて行くんだけどな〜〜


        そしてまた、会える事を願って・・・・


        By Beat

         


        桜の舞う季節のグレングールド/ブラームス間奏曲集

        0

          JUGEMテーマ:

           

          朝の散歩道。

           

          公園で薄く透き通った桜の花びらのはらはらと散りゆく様を、
          朝日が光るモノローグの景色の中の木の下から眺めている・・

           

          桜の美しさはほんの一瞬で、出会いの悦びと別れの悲哀が錯綜する季節

           

          チョット肌寒い空気と静まりかえったその光景の中に浮かぶ景色が

          無常と背中合わせでやって来ては通りすがって行き、
          映画のワンシーン の様に2017年の春の一瞬の季節の美しさが
          無に帰していく・・・

           

          ターンテーブルに針を落とす・・

           

          こんな日の流れる音楽はロックでもなく、ソウルでもなく、ジャズでもなく、
          このアルバムがいい・・

          そして、この音の全てが、僕の感情の隙間にほんの一瞬、
          安定剤のように心地よくしてくれる


          グレングールド/ブラームス間奏曲集

           

           

          By Beat


          結婚式に行きました。

          0

            JUGEMテーマ:日記・一般

             

             

             

            先週の土曜日は友人の結婚式でした!

            友人は年も同じでドラムをやってるやつ、
            そして僕も2年前結婚した身分なので
            なんだか感慨深い!

            今回はいつもの如く祝うだけでなく、
            個人的なミッションがたくさんありました。

            1.友人代表スピーチ
            2.ドラムを叩く
            3.ベースを弾く

            ドラム以外は滅多にやらないので緊張しましたね。
            ベースに関しては前回のブログでお話したアレです。
            普段ステージの後ろで椅子に座ってドカドカやってる

            身分なのでいつもと勝手が違う。
            でも楽しかったのでOK!

            全てが終わった後、安心したのか久しぶりに

            浴びるようにお酒を飲みました。
            ※24時間営業の居酒屋が出来たのが悪い!

            次の日の昼前まで飲んで、起きたらもう月曜の朝でした。
            僕にどうやら2017年3月5日(日)は存在しなかったみたいです...

            By YAKU
             


            INABA/SALAS「CHUBBY GROOVE」

            0
              1/18に発売された「CHUBBY GROOVE」

              B’zの長年のファンである僕はもちろん即買いです





              今回、アメリカのギタリスト、スティーヴィー・サラスさんと
              コラボユニットを結成ということで、どんな音楽を聴かせてくれるのか、
              やっぱりロックなのか?それとも今までにない新しい感じなのか?
              この期待感♪やっぱり新曲はワクワクします。

              全体的な感想としては初期のB’zを思い出させるような
              懐かしさを感じるメロディの曲、それでいて今までにない新しさもあり、
              [MARIE]のようなノリの良い曲調が多い中で
              [BLINK]みたいなミディアムバラードもあって、
              アルバムのタイトル通りグルーヴ感のあるサウンドが心地良く楽しめる
              ファンキーでポップなアルバムだと感じました。

              ただ、やはり稲葉さんはロックのイメージが相当強いので
              個人的にはもう少しロック系の曲があった方が良かったかなと…


              【インタビュー】
              ──稲葉浩志はどうでした?

              サラス:KOSHIには制約が全然ない。何でも歌えてしまうし、
              ものすごい高音からすごい低い音までも出せる。
              だから、アイディアを伝えると
              「自分の想像以上のはるかに素晴らしいもの」が返ってくるんだよ。

              ──めっちゃ褒められてますよ(笑)。

              稲葉:「何でも歌える」っていうのは誤解だと思いますけど(笑)。

              サラス:でも、これだけは言える。
              「こんなに成功している人で、こんなにも仕事熱心な人は会ったことない」。

              稲葉:あははは(笑)。

              ──やっぱ褒められてます。

              サラス:KOSHIは、自分のラフなアイデアを何千倍にも煌めかせて戻してくれる。
              でも俺も、「こういうギターのアイディアがあるんだけど」ってKOSHIから言われると、
              それをよりいいものにして「こんなのどうだい?」って戻してきたから、
              ギターとヴォーカルのトレードみたいにいい関係にあったと思うよ。
              (BARKSホームページより)




              そう、稲葉さんは人間的にもとても魅力的なお方。
              言わずと知れたイケメンで、高学歴、教員免許まで持ち、
              こんなに成功していても天狗にならず、努力家で
              礼儀正しく腰も低い、謙虚なお方なのです。

              先月、プロテニスプレイヤー錦織圭選手と
              「テニス対談」をしてましたが、
              その時も稲葉さんは年の離れた相手に対しても
              「錦織さん」と低姿勢で接する姿がとても印象的でした。

              こういう「大人感」素敵ですね。
              見習いたいと思います。


              「CHUBBY GROOVE」
              【収録曲】
              01. SAYONARA RIVER
              02. OVERDRIVE
               (「Porsche The new Panamera」イメージソング)
              03. WABISABI
              04. AISHI-AISARE
               (NTTドコモ dヒッツ CMソング)
              05. シラセ
              06. ERROR MESSAGE
              07. NISHI-HIGASHI
              08. 苦悩の果てのそれも答えのひとつ
              09. MARIE
              10. BLINK
              11. MY HEART YOUR HEART
              12. TROPHY
               (「WOWOWテニス2017シーズン」イメージソング)

              by CHOKU

              ベースを少しやってみた・・・

              0

                JUGEMテーマ:趣味

                 

                 

                何度かブログでお伝えしてる通り、僕はドラムをやってます!

                しかし...

                今回別の楽器でステージに立つ機会ができちゃいました。

                友人の結婚式があるのですが、その二次会でベースをするのです。
                かつてベースでライブに出たことは3度程(それももう10年くらい前)。
                やっぱ慣れないもんですね。

                いつもドラムとして後ろの方でひっそりやってるので
                勝手が違う!

                家で練習してるんですが指にマメがすぐできるんですね〜...。

                只、いつもと違った楽器を持って、いつもと違った音を聞いて、

                他の演者の気持ちになってプレイできる良い機会なので頑張ります!

                ※ちなみにやる曲は僕の青春時代を支えたバンド「黒夢」です。

                (若い方はもう知らないだろうな〜)

                 

                By YAKU


                 


                ふら〜と一人飲み・・そして、今日のお供は…

                0

                  JUGEMテーマ:音楽

                   

                   

                  ふら〜と、ある焼き鳥さん久しぶりに行く。
                  その店は18年ぐらい前からたまに通っている店。
                  たまに行くとサラリーマンから独立しだての時代の頃を思い出す唯一の店。
                  マスターはこの店を始める前、アメリカのロスで食べ物やで

                  10年近くやっていたそうで、英語がペラペラと言う、

                  異質の経歴を持つ面白いマスターだが、

                  ちょっと歳をとってしまって、

                  それなりの一目見れば何処にいるおじさんに見える。
                  焼き鳥と、たまに話すマスターとの会話が、時が経ち、

                  歳を重ねて来た事を思い知り、あと、何回ここにこれるか考えてしまう。
                  歳を重ねるって事が、こんな些細な事で思ってしまう。

                   

                  そして、今日のお供は・・・

                  ザ・ローリング・ストーンズのニューアルバム「ブルー&ロンサム」

                   

                  前作のア・ビガー・バンから11年ぶりとなる新作「ブルー&ロンサム」
                  楽しみにしてたはずのアルバムだったが、聴けばもろ、ブルースアルバムである。

                  今更、ブルースアルバムか?などと、思ったが・・・

                  ストーンズなんだからと思い聴いていたが、これはどうも?と言う感じでもある。

                   

                  ブルースは嫌いではないが、ストーンズのデヴュー当時はブルースの

                  コピーバンドみたいな感じのバンドで、3枚目ぐらいまで、

                  もろブルースに影響されたアルバムを出し続けていたが、

                  確かそれ以来のブルースアルバムって事になる。

                   

                  僕が初めてストーンズを聴いたのは、

                  中学生の頃、「Big Hits: High Tide & Green Grass」と言う

                  初期ヒット曲を集めたベストアルバムからで、

                  ビートルズばかり聴いてた頃、ライバル扱いされてた

                  ストーンズと言うバンドを知り、ちょっと聴いてみようとして

                  レコード買って聴いてみたが、初め、そのストーンズのサウンドは

                  ハッキリ言っ て良さが分からなかった。
                  どうも、暗い感じで、音も良くなく、それでも小遣いを貯めて

                  買ったからには何度も聴き続けていた。

                   

                  それから、ストーンズの全てのアルバムを集めて聴き続け、

                  大人となり、酒のお供となり、ライブまで行くまでのファンになってしまった。

                   

                  僕にとって、ストーンズのどこが良いのか?

                  それは彼たちが言った、「たかがロックじゃね〜か」みたいな

                  いい加減な美意識が転がり続けているサウンドのカッコ良さであり、

                  それが今現在メンバー達も70歳前後になってもそれが維持され

                  続けてる所にスゴさがあり、そんなロックの仙人みたいな

                  存在感がストーンズの良さなのである。

                   

                  だから、こんなブルースアルバムより

                  もっとロックしたアルバムが聴きたかったんだが・・・

                   

                  やはり、歳のせいもあるのか?原点を見つめなおし、

                  ブルースを ジャムってて、いい感じになり、ここで一発、

                  勢いでブルースアルバム出しちゃえみたいな感じなんだろう。
                  確かに、勢いがあるパンキーなブルースの演奏はストーズらしいが・・・

                  活動50年以上もやっているから出来たアルバムなのだろう。

                   

                  また、当分はこのアルバムは酒のお供となり、転がり続けていくんだろうなぁ〜

                   

                  そう、これも歳を重ねるって事なのだろう・・・

                   

                  By Beat

                   


                  冬に熱中症

                  0

                    JUGEMテーマ:日記・一般

                     

                    大分市内にフォーラスという商業施設があります。
                    子供の頃からある、田舎の大分県民にとっての
                    ちょっぴり都会チックなショッピングスポットです。

                     

                    それが来年取り壊されます...!

                    フォーラスの地下には、
                    大分では数える程しかない楽器屋「島村楽器」
                    がありまして、そこでは定期的にスタジオライブが開催されます。

                    それもここでできるのは最後という事で出演してきました。
                    スタジオという身動きがとれない程パンパンな

                    狭い空間&音響さんもいない生の音でのライブは
                    久しぶりでした。

                    懐かしかったです。

                    ただ、商業施設の宿命なのか、
                    なんとスタジオ内は暖房ガンガン!
                    ※ひとつの場所で冷房をいれると、

                    空調が繋がった別の場所も一緒に冷房になるらしいので...

                    12月、町はクリスマス一色、季節外れの熱中症になりました...

                    冬は風邪だけでなく、無茶すると熱中症に

                    なりかねないので気をつけましょう!

                     

                    By  YAKU

                     


                    BIGBANG

                    0

                      JUGEMテーマ:音楽

                       

                       

                      11月5日からスタートしました!
                      ☆★BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2016 ドームツアー★☆



                      私も11月19日に福岡のヤフオクドームで行われるライブに参戦して来ます!!
                      当選が分かった時から、友達と服何着ようか〜とか夜何食べる??ウキウキしながら
                      予定立てているうちにもう来週まで迫ってきました!!笑

                      メンバーが兵役入隊の為BIGBANG5人でのライブは一時無いみたいなのでショックですが(;_:)
                      思いっきり楽しんできます!!!!!

                      でも、まだチケットが届かないので席が凄く気になりますが
                      もうそろそろ届いてもおかしくないので
                      今日家に帰ったらチケットが届いている事を願って帰ろうと思います!

                      早く会いたいです〜(^◇^)♪

                      Bey F女史

                       


                      calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM