ROCK YOU!!!!!!!!

0

    夏です

     

    ROCKです

     

    かっぱです。

     

     

    前回、わたしには趣味がありません

    みたいな話をしたような気がしますが

     

    音楽を聴くのが趣味です。訂正します。

     

    好きなアーティストはたくさんがいます。

     

    そのひとつがエレファントカシマシ

     

     

     

     

    今年、結成30年で全国ツアーしてます。

     

    昔、チケット買おうかなと思ったら全然ダメ。

     

    プラチナです。

     

    日比谷野音とかいいなーと思ってました。

     

    もうライブ行こうとか、最近は全然思わないのですが、

     

    ライブ映像を見るのはいいですね。

     

    この前、Youtubeでいろいろ探していたら

     

    某番組で「赤いスイートピー」をカバーしてる!

     

    CD出してくれないかな〜

     

     

     

     

    by

    エレファントカッパ

     


    6月9日はそう、ロックの日。

    0

      JUGEMテーマ:音楽

       

       

      梅雨の真っ只中、最近はジャズジャズしてしまった音楽ライフでも、ロックの日と言う事もあり、久しぶりにロックと向き合い、まずはブルース・スプリングスティーンのボーン・トゥ・ランで突っ走り、走り続けるリリシズムに乾杯し、最後はこの日にふさわしいジョン・レノンのロックン・ロールのアルバムに針を落とし、今も変わらずいい加減に、激しく、切なく、悲しく、楽しく、美しく・・そんな、めちゃくちゃの中の誠実なビートが心に染み渡り流れ続けている。その日にふさわしいブルース・スプリングスティーンとジョン・レノンのアルバムが、この日にぴったりのアルバムで、私の中には永遠に輝き続け、そのどうしようもないカタルシスに久しぶりに乾杯した。

       


      またまたそんな事を感じながら、これからもずっと先までこんな事を感じ続ければいいんだが、そこに感じた物は通りすぎ、輝きさえも過ぎ去って行き、何かが失われて行くかもしれない。

      それでも、まだ感じられるピュアな心は失わないようにしたいものだ。


      だが、多分、それでも何かが失われて行くんだろう。
      でも、それも悪くはない。

       

      それがロックであり、人生って物なんだから。

       

      By Beat

       


      アイドル「西城秀樹」

      0

        JUGEMテーマ:音楽

         

         

        学校のころ「郷ひろみ、野口五郎、西城秀樹」がものすごい人気でした。いわゆる「スター」と呼ばれアイドルの頂点でもあり「新御三家」なんて呼ばれていました。その中のひとり、先日亡くなった西城秀樹の思い出話を書きたいと思います。

         

        私は小学校のころ人口1万人にも満たない小さな町で暮らしていました。そんな田舎の中でも町の中心に家がありましたから、中学生や高校生が通う通学路に面していたこともあり、家の中にいても外から話声が聞こえてきたり、たまに外を歩く女子高生のカバンには郷ひろみ、野口五郎、西城秀樹のステッカーが貼ってあったりしたのを記憶しています。


        同級生の女子の中にもファンが多く、「私ヒデキ」「私はゴロー」「ヒロミよね」なんていうテンションの高い声、下敷きには雑誌を切り抜いたのでしょう大好きなアイドルの写真を挟んでいる女子ばかり。テレビをつけると当時は歌番組が多かったこともあって、男性タレントでは西城秀樹らなんですが、女性タレントは山口百恵、桜田淳子、森昌子といった感じです。今でこそCDやネットで簡単に視聴できますが、当時はレコードやカセットが主流の時代。今でもはっきりと記憶しているのですが、小学校5年の時、唯一西城秀樹のレコードを母親に買ってもらいました。「白い教会」というタイトルのその曲は、西城秀樹っぽさを感じさせないノリのいいビートのきいた感じとは打って変わって、暗く、悲しいイメージなんですが、ちょっと洋式を取り入れたような曲調。なぜかこの曲のイメージがとても好きで、何度も何度も聞いていたんですが、西城秀樹の歌う曲の中であまり売れた方ではなかったようです。

         

        当時、同じクラスに「英樹」という名前の同級生がいまして、頭もよく、運動神経抜群、両親とも公務員、自宅にはグランドピアノがあるとても裕福な家庭でうちとは大違い。その英樹君、名前が英樹だっただけで周りの女子に「ヒデキ〜〜」なんて茶化されるわけですが、そのモテモテの光景に私や仲のいい友達たちは英樹君に対して態度こそ普段通りなんですが、頭の中は「このやろう」といつも嫉妬。野球が流行っていた当時、英樹君はキャプテンでキャッチャーというポジション。バッターボックスに立てば「ヒデキ〜打ってぇ〜」「キャ〜ヒデキィィィ」ですからね、ヒットでも打てばもうウルサイのなんの。しかもチームの中心でしたから、まぁ嫉妬もありましたが、英樹君、相当かっこよかったですね。

         

        先日亡くなった西城秀樹。おそらくY.M.C.Aや数々のヒット曲の数々が強く印象に残っている方も多いのでしょうけど、私は小学校のときによく遊んだ「英樹君」を思い出します。ちなみにうちの娘は西城秀樹といえば「ちびまる子ちゃん」のイメージらしく、アニメのエンディングのテーマ「走れ正直者」を思い出すそうです。

         

        By めたる爺さん

         


        佐野元春 & THE HOBO KING BANDの新作アルバム『自由の岸辺 』を聴いた

        0

          JUGEMテーマ:音楽

           

           

          最近の私の仕事以外を見れば、GWには映画館で映画を観に行ったり、アウトレットに買い物に行ったり、久しぶりの友達と飲んだりと、それなりに楽しくはしてるが、それ以外は、たまに朝の散歩に、ソファに座り愛犬を可愛いがるか、本を読むか、音楽を聴くか、映画を観るか、海外ドラマを観続けるか、そんな風景しか見えない。


          どうした?そんなに感動する事の限定された世界もがブラックホールの中に吸い込まれて行っているのか?日々の生活の為に流され、人生を捧げているのか?たまには新緑の木漏れ日の光を求めて高原のドライブもいいだろう、確かにそんなドライブもする。
          また、昔の様に夢中になれる事をやり続ける事もいいだろう、、
          歳を重ねると、どうもいろんなジレンマに陥ってしまう。

           

          そんな季節の中、佐野さんの新譜のアルバム「自由への岸辺」がアマゾンから届き聴いた。

           

          2017年にリリースされた新作アルバム「マニジュ」から10ヶ月後に届けられた新作で、過去の曲をセルフカバーした楽曲を集めたアルバムなんだが、長年のファンとしては、どうしてもこの手のアルバムは軽い気持ちで聴くしかない。
          各楽曲のオリジナルには想い入れがあり、それを超える事は出来ないからだ。

          ただ、多彩なビートを絡めたサウンドが、新たな楽曲として生まれ変わったように楽しめるんだが、今の私にこのアルバムから流れる楽曲の数々が私の心に響きわたり、何かを超えて行っているのだろうか?
          確かに、オーガニックなアコースティック的なサウンドの心地良さもあるが、前作の「マニジュ」や、その楽曲のオリジナルが出た時の頃の様な感動を求める様なアルバムではないだろう。まぁ、この様なアルバムでは仕方ない事なんだが・・・


          ここ数年佐野さんは、毎年、東京と大阪でビルボードのライブハウスでライブをする。
          過去1回、東京で1番最前席の真ん中で観た事があるんだが、ホールでやるロックロックしたライブでなく、このアルバムの様なアレンジで、アコースティック的な感じで、お酒を飲みながら観るビルボードライブに合う心地良い感じで、違う意味で良かったライブなんだが、そんなライブを何回かやるうちに、反応も良かった事もあり、その流れでプロフェッショナルなホーボーキングバンドとアルバムを作ってみた感じなのか?ちょっと過去を見つめ直し、ノスタルジーに流されず、次のステップアップにシフトする為にも必要だったんだろう。それでもファンとしては納得のアルバムで、他のアルバム同様聴き続けて行くだろう。それだけの想い入れが、長い年月の中、血となり、汗となり、身体の一部となって生き続けているんだからしょうがない。

           

          それでいいんだ。

           

          そう、私にとっては全ていい楽曲なんだから・・・

           

          まさしく、自由の岸辺がそこにあることを信じ、

          いつかたどり着つける事を願いつつ、

          今の私のありふれた生活の友として・・・

           

          そして、新たなオリジナルな新譜を待ち望んで当分流れ続けて行くだろう。

           

          By Beat

           

           


          佐野元春&ザ・コヨーテ・バンド「MANIJU (マニジュ)」ツアーを福岡で観た。

          0

            JUGEMテーマ:LIVE

             

             

            最近は、海外ドラマを観続け、古いジャズのレコードのビートに戯れ続け、
            行ったり来たりの日々を楽しんでいる。

            部屋に飾っているジョン・レノンのポスターが、言う。
            あんたにとってそれが大事な事なのかって?
            最近は何も言えない。いえなかった言葉たちは、山ほどタバコを吸いながら
            煙りの彼方に消えて行く。
            そして歳を重ね、ありふれた時間があっという間に過ぎ去っていく。
            どうにか、満たされ、ひらめき続けるフォースの力と、
            フラッシュの力があればいいんだが....

             

            そんな日々の2月の連休の休日、
            2年ぶりに佐野元春&ザ・コヨーテ・バンド「MANIJU (マニジュ)」ツアーを福岡まで観に行った。

             

            久しぶりの電車、

            そして電車の窓から流れる景色、

            ジャクソン・ブラウンのライブの時以来だ、
            2月の寒い雪が舞い散る福岡、

            一瞬にして都会の空気の緊張感が心の中に踊り続ける。

             

             

            会場に入り、Steve Winwoodのライブアルバムが流れている。

            私も好きなアルバムだ。

            そして、開演して佐野さんの登場、、久しぶりのいつもの感覚が心に渦巻いて行く。

            またまた、始まりから終わるまでのライブの間、いつも想うんだが、佐野さんのライブに行くと、自分はいったい何歳か分からなくなり、そして、いつも周りにおかまいなしで、踊り、一緒に歌っている自分がいる。

             

            こんなライブは私にとって佐野さんしかいない。
            それだけ30年以上も観続けているからかもしれない。

             

             

            今回のライブは、新作マニジュのアルバムの楽曲を中心に、コヨーテバントらしい遜色ない過去3作のアルバムからの選曲のロックロックしたライブで、バントの演奏もかなり良く、佐野さんのボーカルも良く出てロックしてた。何よりも驚かされたのは、佐野さんがライブでの定番のサムディをやらなかった事だ。必ずこのようなツアーでは演奏してたが、それだけ、新作マニジュの楽曲に自信があったのだろう、佐野さん自身もMCで、このアルバムは自信があると言ってた通り、マニジュの主要な楽曲を殆んど演奏して、やっぱり素晴らしいと、あらためて感じさせられたライブだった。

             

            そして、佐野さんのいでたちが凄くいい、髪を短くし、スリムなスーツ姿でロックする姿が、年代を超えた、かっこいいオーラがあった。

             

            ただ、デビュー当時からのファンとして、本音を言えば、もっと古い曲もやってもらいたかったんだけど、私の大好きな「レイン・ガール」を編曲もせず、オリジナルのようにやってくれた事は嬉しかった。そして、アンコールの「スィート16」に「アンジェリーナ」、まぁ〜言う事はないでしょう...と、あっと言う間の2時間チョットの楽しいひと時の、久しぶりにロックを、また音楽の力を感じた素晴らしい夜だった。


            その後、私は相変わらず、行ったり来たりしているが、、

            とにかく元気で…また、素晴らしいライブを観れることを願って・・・

             

            P.S

            楽しいときにはいつも君がそばにいてくれる
            哀しいときにはいつも君のくちづけに舞い上げる
            時の流れが忙しすぎてついていけない 時も
            君は決して忘れない
            溢れる想い
            束の間の街に
            夢を数えてる
            いつか君と少しだけ話したい

             

            By Beat

             


            桑田佳祐 LIVE TOUR 2017 「がらくた」を福岡 ヤフオク!ドームで観た。

            0

              JUGEMテーマ:LIVE

               

               

              私は月に1 回病院に行き、薬をもらう事が約8年も続いている。それは、血圧に、糖尿の薬であり、毎回検査するんだが、いつもその時は、悪くなっていない事を祈り、そして、数値が悪くなければ、ホットする。それでも、悪いことは悪いから薬を飲んでいるんだが、歳を重ねる度に、多分悪くなって行くんだろうと思いながらそれなりに悪くならない様にも努力もしている。

               

              最近は自分自身に、これまでと違う様に変わって行かなければと思い、考え、行動しようともするが・・・

              でも、いつものやり方に落ち着いてしまいがちな現実。
              そして、いつもの様にやり過ごしてしまいあっという間に今年も12月になってしまった。

               

              ただ、私にとっての楽しい時を求める事は、月日も、歳も、健康も関係なく、先日も必ず観たかった、桑田さんのライブを福岡 ヤフオク!ドームに観に行った。

               

              チケットは早くゲットしてたが、またまた会場に入るまでは席が分からないシステム。入場で入る際、チケットと身分証明書の確認出来ないと会場に入れないシステムで、またまたここまでするのか?と思ったが、前に観た時と同じで、面倒くさい時代になったなぁと思う。

               

              会場に入ると、今度こそはいい席でと思ったが、クジが外れたみたいな、3塁側スタンドの前の方の席で何故アリーナじゃないんだろうと、チョットがっかりはしたがまぁ〜仕方ないなぁ....と想いながら始まったライブは ・・・


               

              新作「がらくた」のアルバムを中心にしたそのアルバムに遜色のない曲の選曲で、前に観た時よりも、私にとって心地よい流れのセットリストだった。相変わらず桑田さんの面白いウイットに富んだMCには笑い過ぎたが、まだまだ、衰えを感じさせないボーカル、素晴らしいバックミュージシャンにダンサー、バックに流れる映像など、ポップミュージックのエンターテイメントをまたまた見せつけられた約2時間40分近い最高のライブで何よりも桑田さんのライブは笑って、感動して、楽しませてくれてる。

               

              特に今回のアルバムの「ヨシ子さん」は面白い。年齢的などうしようも無さの、開き直った価値観から今の新しい価値観をも、面白おかしく 飲み込む程の何かを超えようとする強いチカラを感じさせられ60代でも、まだまだこれからも楽しませて進化して行ポップ・ミュージックの高みに向かって行く可能性を見出してくれたような新しい桑田さんを観たような感じだった。

               

              そんな桑田さんのライブに今までどのくらい行ったことだろう、35年前のサザンから、ソロを合わせると、九州に来た時は、殆んど行っているんじゃないだろ〜か。
              私にとって、こんな日本人アーティストでは、佐野元春さんぐらいしかいない。

              この2人こそ、私にとって邦楽のフェイバリット・アーティストであり、これからもずっと聴き続けていくだろう。

               

              そして、どうにか健康で元気であり続けて、またライブを観れる事を願って・・・


              By Beat

               

               


              僕にとってのデスメタル

              0

                JUGEMテーマ:デスメタル

                 

                 

                一番好きな音楽のジャンルはデスメタル。
                小学校の時、同世代はだんご三兄弟で湧き上がってる中、

                デスメタルに出会い狂った様に聞き続けて約20年。
                ほとんどの人が工事現場のドリル同様、騒音と感じ

                音楽として一般的にはなかなか認められないジャンルです。

                小学校の時からいろいろやって来ましたが

                唯一今まで続けているのが、音楽を聞くこと、そしてやること。
                正直何故こんなにデスメタルにどっぷり

                ハマったのか...考えた事はありませんでした。
                一般的な同世代の中でもメチャメチャいろんな音楽を

                聴いてきた自信もある!でも何故そのなか中でデスメタルなのか。

                いろいろ細かい理由はあるのだろうが、
                おそらくその理由は

                ただ「音楽」が好きだから。

                人によって音楽の好き嫌いは人それぞれ。
                歌詞が良い
                ノリが良い
                アーティストがかっこいい、かわいい
                などなど...

                ただ僕の場合、そこが「騒音」だった。
                音が重い、うるさい、速い、デカい。
                これが本気でカッコいいと思ったんです。

                デスメタルの様に音がグチャグチャ、歌詞に意味が無い

                それも一種のグルーヴと思ってます。
                それは僕自身がそこの「音」を「楽」しんでいるからです。
                聴いてる時は猫がライオンにでもなったかの様な気持ちになるんです。

                正直、僕は今流行りの音楽等はほとんど聴きません。

                でも、それこそ世に言う歌詞がいいとか踊りがカッコいいからとかいう

                先入観を捨てて、違ったベクトルで音を楽しめれば

                流行りのJ-POPも聞ける日が来るのかもしれません。

                「メロディ」では無く「音」で感じる、これが僕の音楽なのです。

                書きたい事まだ10%くらいしか書けてませんが

                キリが無いので続きは次回で!

                 

                By YAKU


                Finally

                0

                  安室ちゃんが引退発表をしてから2か月。

                  今でも曲を聴くと うるうるします…(;_;)

                   

                  最近は、彼女のCMがあったり、CDの発売、引退ツアー申込と

                  だんだんと実感が湧いています。

                   

                  私はファンクラブからのCD購入をしたので名前入り☆( ̄∀+)キラッ

                   

                   

                  嬉しいファンへのプレゼントです♪ 家宝にします 笑

                   

                  クリスマスはセブンイレブンの安室奈美恵コラボ「クリスマスケーキ」

                  をもう予約しますた

                   

                   

                  引退まで安室ちゃんを少しでも感じていたいと思います♪

                   

                  あとはツアーチケットが当たるのみ!!!!!

                  神様〜お願いします!!!

                   

                  by あむらー


                  Jackson Browne JAPAN TOUR2017を広島文化学園HBGホールでライブを観た。

                  0

                    JUGEMテーマ:LIVE

                     

                     

                    私は音楽好きだ。

                    ビートルズから始まりどのくらいのアーティストを好きになったんだろう?
                    昔はギターを弾き、よく歌ったりもした。
                    それも、今は終わり、7台以上あるギターはホコリだらけのまま部屋に置いているだけだ。

                     

                    今、部屋を見渡せばレコードにCDにオーディオ、DVDにホコリだらけのギターに囲まれそんな物だらけになっている。

                     

                    ざっと数えてレコードは約7千枚、CDも約2千枚近くあるだろう。これを捨てる事も出来なく、まだまだ増えるばかりだ。

                     

                    その中でも、ライブに行きたいと言うアーティストは少ない。何故か?それはそのアルバムの音楽だけでも完結する事が多いからだろう。それなりに好きなアーティストは単独だと、関東止まりだしフェスでは来るが関東まで足を運ばなければ観れないし九州ではまず好きなアーティストがあまり来ないからこんな歳でこんな田舎に住んでいて仕事もしていれば腰が重くなる。

                     

                    今年、ライブに行った事を思い出せば、東京ドームでのポール・マッカートニーしか行ってない。あと、9月に私の知り合いと沖縄に行った時たまたま安室奈美恵のチケットを持っていて付き合いで安室奈美恵の野外ライブを観たぐらいだ。

                     

                    昔は観てたが、最近のアマチュアのライブとかまず観ない。
                    観てもカタルシスを得る事がほぼないからだ。
                    それだけ、限定されたライブ感しか持っていない。

                     

                    そして、その限定された中でどうしても行きたくなるアーティストのジャクソン・ブラウンが2年ぶりの来日するニュースを知った。また、九州には来てくれなく、2年前も同じ広島止まりだった。またまた、近くで広島という事で考えたが、即、チケットを購入し座席も前から7番目という事もあり、2年前と同じ様にちょっと遠いが仕事を昼から休み日帰りで帰れる広島まで足を運ぶことにした。

                     

                    そして、10月24日「Jackson Browne JAPAN TOUR2017」を2年前と同じ場所の広島文化学園HBGホールでライブを観た。

                     

                    前にも書いたが、それだけ私にとってジャクソン・ブラウンは、あの頃、初期のLate for the Skyからの4作のレコードは擦り切れる程ターンテーブルで回っていた。特にアルバムのLate for the SkyとThe Pretenderの、愛や、人生などのその誠実な詩の世界とジャクソンのボーカルが上手く絡み、ナチュラルなその世界観が僕の心の友として、慰め、励まし、勇気を、そして希望を与えてくれた。

                     

                    想えば、ジャクソンの音楽は、先日亡くなったトム・ペティやブルース・スプリングスティーンにジョン・レノン、佐野元春、浜田省吾、尾崎豊と同じように大切でありそれは今でも変わらず、必ず新しいアルバムが出れば聴いて来た。

                     

                    そんなジャクソンの今回のツアーは新曲のニューアルバムを携えてのツアーでなくなんだって起こりうると言ってた通りのツアーで

                    ネットで東京からの全てのセットリストを見たらいろんな曲をやってくれたみたいで、特に大阪でのセットリストは私にとっては最高のセットリストなんだけどな〜と思いながら始まったライブは・・・

                     

                     

                    まずは、最初期の曲のThe Birds of St.Marks から始まり広島と言う事もあって、反戦、反核のテーマの曲を織り交ぜながら新旧の曲の選曲だったが、私はリクエストを大きな声でしてたんだが必ず聴きたかったLate for the Skyや、Fountain of Sorrowなどの曲はやってくれなかったのが残念。何故か、広島ではリクエストする声があまり飛び交ってなかった。じっくりと聴きたいのだろう。まぁ、それはそれで理解出来るが、ジャクソンのライブではリクエストに応じてやってくれるのが楽しみの一つなんだが…

                     

                    ただ、良かった事は、私が大きな声で、Farther On please pleaseと何度もリクエストしてて、その私だけの声が会場中、響き渡って(笑)その後、やってくれた事は本当に嬉しく感動した。この曲には想い出があり、若かりし頃、恋愛が日常茶飯事的に目まぐるしくあり今では考えられないが(笑)そんな恋愛の痛みを感じた時にこの曲を何度も何度も聴いて慰めてくれて、励ましてくれた曲だったから本当に聴きたかったんだ。やってくれた時は自然と目に涙が溢れていた。

                     

                    あとは、前回のツアーの時と同じく、素晴らしいバンドメンバーでのサウンドでの終盤のDoctor My Eyesから、私の大好きなPretender 、Running on EmptyアンコールのTake It Easy 、Our Lady of the Wellの流れは最高に良く最後のアンコールのThe Loadout、Stay をやってくれた時は本当に感動、感動で、あっと言う間の2時間40分近くだった。

                     

                    何よりも69歳とは思えないジャクソンの若々しい姿と衰えないボーカルでのピアノの弾き語りや、ギターを弾いて歌う数々の曲は
                    前にも思ったが、長年聴いて来た時間と、いろんな想い出の心の中に優しく照らす暖かい光の希望のような、説明出来ない感動がありジャクソン・ブラウンの音楽と、そのライブの素晴らしさをまたまた、あらためて知る事が出来たライブだった。

                     

                    そして、またまた、会える事を願って・・

                     

                    By Beat

                     

                     


                    またまた悲しい訃報・・・ハートランド・ロックと言われたトム・ペティ

                    0

                      JUGEMテーマ:音楽

                       

                       

                      先週、トム・ペティが亡くなったのをネットニュースで知った。

                      私の大好きな、ブルース・スプリングスティーンの兄弟のような存在で
                      同じようにロッカーでもあり、メロディメーカーでもあり

                      アメリカンロックの王道を走って来たトム・ペティ。

                       

                      バーズの様なフォークロックに、ストーンズのロックをプラスした様な
                      ストレートなロックンロール。それ以上に黒っぽいフィーリングもあり

                      サザンロックのテイストもあるサウンド。

                      そんなサウンドにキャッチーなメロディに乗せて
                      素晴らしい詩と彼のボーカルの声が、なんとも言えない
                      リリシズムな味わいを醸し出してくれて

                      大好きなロックアーティストの一人だった。

                       

                      リアルタイムでは1979年発売、日本では1980年発売のDamn the Torpedoes

                      日本題は「破壊」のアルバムから知り、そして、よく聴いた。
                      今でもレコード棚から引っ張り出してよく聴く。

                       

                      その当時、「破壊」のアルバムと

                      1980年発売のブルース・スプリングスティーンの「ザ・リバー」のアルバムと
                      同じく1980年発売のジャクソン・ブラウンの「ホールド・アウト」
                      のアルバムは引っ切り無しにターンテーブルに乗っていた。

                       

                       

                      私にとって、洋楽では彼らの音楽は精神的な支柱の音楽であって
                      今だにかけがえのない音楽でもあり、必ず聴き続けて来たアーティスト達なのだ。

                       

                      久しぶりに連休の休日に、追悼の意を込めて彼のアルバムを聴き
                      今月、来日もするジャクソン・ブラウンの日本でのライブアルバムの
                      新譜も発売されて聴き....やっぱり彼らの良さを改めて感じた休日だったが....


                      もう、優れた作品を送り出し続けたトム・ペティの新譜が聴けないなんて・・・

                       

                      またまた、こんな素晴らしいロックアーティストが
                      いなくなるのは本当に残念だ。

                       

                      歳を重ねると悲しいことが多くなる・・・

                       

                      By Beat

                       


                      calendar
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << August 2018 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      フー・ビルト・ザ・ムーン?(通常盤)
                      フー・ビルト・ザ・ムーン?(通常盤) (JUGEMレビュー »)
                      ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM