桑田佳祐 LIVE TOUR 2017 「がらくた」を福岡 ヤフオク!ドームで観た。

0

    JUGEMテーマ:LIVE

     

     

    私は月に1 回病院に行き、薬をもらう事が約8年も続いている。

    それは、血圧に、糖尿の薬であり、毎回検査するんだが、
    いつもその時は、悪くなっていない事を祈り、
    そして、数値が悪くなければ、ホットする。
    それでも、悪いことは悪いから薬を飲んでいるんだが、
    歳を重ねる度に、多分悪くなって行くんだろうと思いながら
    それなりに悪くならない様にも努力もしている。
    最近は自分自身に、これまでと違う様に変わって行かなければと思い、
    考え、行動しようともするが・・・
    でも、いつものやり方に落ち着いてしまいがちな現実。
    そして、いつもの様にやり過ごしてしまい
    あっという間に今年も12月になってしまった。

     

    ただ、私にとっての楽しい時を求める事は、月日も、歳も、健康も関係なく、

    先日も必ず観たかった、桑田さんのライブを福岡 ヤフオク!ドームに観に行った。

     

    チケットは早くゲットしてたが、またまた会場に

    入るまでは席が分からないシステム。
    入場で入る際、チケットと身分証明書の確認出来ないと

    会場に入れないシステムで、またまたここまでするのか?と思ったが、

    前に観た時と同じで、面倒くさい時代になったなぁと思う。

     

    会場に入ると、今度こそはいい席でと思ったが、
    クジが外れたみたいな、3塁側スタンドの前の方の席で
    何故アリーナじゃないんだろうと、チョットがっかりはしたが
    まぁ〜仕方ないなぁ....と想いながら始まったライブは ・・・


     

    新作「がらくた」のアルバムを中心にした

    そのアルバムに遜色のない曲の選曲で、
    前に観た時よりも、私にとって心地よい流れのセットリストだった。
    相変わらず桑田さんの面白いウイットに富んだMCには笑い過ぎたが、
    まだまだ、衰えを感じさせないボーカル、素晴らしいバックミュージシャンに

    ダンサー、バックに流れる映像など、ポップミュージックのエンターテイメントを
    またまた見せつけられた約2時間40分近い最高のライブで

    何よりも桑田さんのライブは笑って、感動して、楽しませてくれてる。

     

    特に今回のアルバムの「ヨシ子さん」は面白い。
    年齢的などうしようも無さの、開き直った価値観から

    今の新しい価値観をも、面白おかしく 飲み込む程の

    何かを超えようとする強いチカラを感じさせられ
    60代でも、まだまだこれからも楽しませて

    進化して行くポップ・ミュージックの高みに
    向かって行く可能性を見出してくれたような

    新しい桑田さんを観たような感じだった。

     

    そんな桑田さんのライブに今までどのくらい行ったことだろう、
    35年前のサザンから、ソロを合わせると、九州に来た時は、
    殆んど行っているんじゃないだろ〜か。
    私にとって、こんな日本人アーティストでは、佐野元春さんぐらいしかいない。
    この2人こそ、私にとって邦楽のフェイバリット・アーティストであり、
    これからもずっと聴き続けていくだろう。

     

    そして、どうにか健康で元気であり続けて、またライブを観れる事を願って・・・


    By Beat

     

     


    僕にとってのデスメタル

    0

      JUGEMテーマ:デスメタル

       

       

      一番好きな音楽のジャンルはデスメタル。
      小学校の時、同世代はだんご三兄弟で湧き上がってる中、

      デスメタルに出会い狂った様に聞き続けて約20年。
      ほとんどの人が工事現場のドリル同様、騒音と感じ

      音楽として一般的にはなかなか認められないジャンルです。

      小学校の時からいろいろやって来ましたが

      唯一今まで続けているのが、音楽を聞くこと、そしてやること。
      正直何故こんなにデスメタルにどっぷり

      ハマったのか...考えた事はありませんでした。
      一般的な同世代の中でもメチャメチャいろんな音楽を

      聴いてきた自信もある!でも何故そのなか中でデスメタルなのか。

      いろいろ細かい理由はあるのだろうが、
      おそらくその理由は

      ただ「音楽」が好きだから。

      人によって音楽の好き嫌いは人それぞれ。
      歌詞が良い
      ノリが良い
      アーティストがかっこいい、かわいい
      などなど...

      ただ僕の場合、そこが「騒音」だった。
      音が重い、うるさい、速い、デカい。
      これが本気でカッコいいと思ったんです。

      デスメタルの様に音がグチャグチャ、歌詞に意味が無い

      それも一種のグルーヴと思ってます。
      それは僕自身がそこの「音」を「楽」しんでいるからです。
      聴いてる時は猫がライオンにでもなったかの様な気持ちになるんです。

      正直、僕は今流行りの音楽等はほとんど聴きません。

      でも、それこそ世に言う歌詞がいいとか踊りがカッコいいからとかいう

      先入観を捨てて、違ったベクトルで音を楽しめれば

      流行りのJ-POPも聞ける日が来るのかもしれません。

      「メロディ」では無く「音」で感じる、これが僕の音楽なのです。

      書きたい事まだ10%くらいしか書けてませんが

      キリが無いので続きは次回で!

       

      By YAKU


      Finally

      0

        安室ちゃんが引退発表をしてから2か月。

        今でも曲を聴くと うるうるします…(;_;)

         

        最近は、彼女のCMがあったり、CDの発売、引退ツアー申込と

        だんだんと実感が湧いています。

         

        私はファンクラブからのCD購入をしたので名前入り☆( ̄∀+)キラッ

         

         

        嬉しいファンへのプレゼントです♪ 家宝にします 笑

         

        クリスマスはセブンイレブンの安室奈美恵コラボ「クリスマスケーキ」

        をもう予約しますた

         

         

        引退まで安室ちゃんを少しでも感じていたいと思います♪

         

        あとはツアーチケットが当たるのみ!!!!!

        神様〜お願いします!!!

         

        by あむらー


        Jackson Browne JAPAN TOUR2017を広島文化学園HBGホールでライブを観た。

        0

          JUGEMテーマ:LIVE

           

           

          私は音楽好きだ。

          ビートルズから始まりどのくらいのアーティストを好きになったんだろう?
          昔はギターを弾き、よく歌ったりもした。
          それも、今は終わり、7台以上あるギターはホコリだらけのまま

          部屋に置いているだけだ。

           

          今、部屋を見渡せばレコードにCDにオーディオ、DVDに

          ホコリだらけのギターに囲まれそんな物だらけになっている。

           

          ざっと数えてレコードは約7千枚、CDも約2千枚近くあるだろう。
          これを捨てる事も出来なく、まだまだ増えるばかりだ。

           

          その中でも、ライブに行きたいと言うアーティストは少ない。
          何故か?それはそのアルバムの音楽だけでも完結する事が多いからだろう。
          それなりに好きなアーティストは単独だと、関東止まりだし

          フェスでは来るが関東まで足を運ばなければ観れないし

          九州ではまず好きなアーティストがあまり来ないから
          こんな歳でこんな田舎に住んでいて仕事もしていれば腰が重くなる。

           

          今年、ライブに行った事を思い出せば、東京ドームでの

          ポール・マッカートニーしか行ってない。
          あと、9月に私の知り合いと沖縄に行った時

          たまたま安室奈美恵のチケットを持っていて
          付き合いで安室奈美恵の野外ライブを観たぐらいだ。

           

          昔は観てたが、最近のアマチュアのライブとかまず観ない。
          観てもカタルシスを得る事がほぼないからだ。
          それだけ、限定されたライブ感しか持っていない。

           

          そして、その限定された中でどうしても行きたくなる
          アーティストのジャクソン・ブラウンが2年ぶりの来日するニュースを知った。
          また、九州には来てくれなく、2年前も同じ広島止まりだった。
          またまた、近くで広島という事で考えたが、即、チケットを購入し
          座席も前から7番目という事もあり、2年前と同じ様に

          ちょっと遠いが仕事を昼から休み日帰りで帰れる広島まで足を運ぶことにした。

           

          そして、10月24日「Jackson Browne JAPAN TOUR2017」を2年前と同じ場所の
          広島文化学園HBGホールでライブを観た。

           

          前にも書いたが、それだけ私にとってジャクソン・ブラウンは、
          あの頃、初期のLate for the Skyからの4作のレコードは
          擦り切れる程ターンテーブルで回っていた。
          特にアルバムのLate for the SkyとThe Pretenderの、愛や、人生などの
          その誠実な詩の世界とジャクソンのボーカルが上手く絡み、ナチュラルなその世界観が
          僕の心の友として、慰め、励まし、勇気を、そして希望を与えてくれた。
          想えば、ジャクソンの音楽は、先日亡くなったトム・ペティや
          ブルース・スプリングスティーンにジョン・レノン
          佐野元春、浜田省吾、尾崎豊と同じように大切であり
          それは今でも変わらず、必ず新しいアルバムが出れば聴いて来た。

           

          そんなジャクソンの今回のツアーは新曲のニューアルバムを携えてのツアーでなく
          なんだって起こりうると言ってた通りのツアーで

          ネットで東京からの全てのセットリストを見たら
          いろんな曲をやってくれたみたいで、特に大阪でのセットリストは私にとっては
          最高のセットリストなんだけどな〜と思いながら始まったライブは・・・

           

           

          まずは、最初期の曲のThe Birds of St.Marks から始まり
          広島と言う事もあって、反戦、反核のテーマの曲を織り交ぜながら
          新旧の曲の選曲だったが、私はリクエストを大きな声でしてたんだが
          必ず聴きたかったLate for the Skyや、Fountain of Sorrowなどの曲は
          やってくれなかったのが残念。
          何故か、広島ではリクエストする声があまり飛び交ってなかった。
          じっくりと聴きたいのだろう。
          まぁ、それはそれで理解出来るが、ジャクソンのライブでは
          リクエストに応じてやってくれるのが楽しみの一つなんだが…

           

          ただ、良かった事は、私が大きな声で、Farther On please pleaseと
          何度もリクエストしてて、その私だけの声が会場中、響き渡って(笑)
          その後、やってくれた事は本当に嬉しく感動した。
          この曲には想い出があり、若かりし頃、恋愛が日常茶飯事的に目まぐるしくあり
          今では考えられないが(笑)そんな恋愛の痛みを感じた時に
          この曲を何度も何度も聴いて慰めてくれて、励ましてくれた曲だったから
          本当に聴きたかったんだ。

          やってくれた時は自然と目に涙が溢れていた。

           

          あとは、前回のツアーの時と同じく、素晴らしいバンドメンバーでのサウンドでの
          終盤のDoctor My Eyesから、私の大好きなPretender 、Running on Empty
          アンコールのTake It Easy 、Our Lady of the Wellの流れは最高に良く
          最後のアンコールのThe Loadout、Stay をやってくれた時は
          本当に感動、感動で、あっと言う間の2時間40分近くだった。

           

          何よりも69歳とは思えないジャクソンの若々しい姿と衰えないボーカルでの
          ピアノの弾き語りや、ギターを弾いて歌う数々の曲は
          前にも思ったが、長年聴いて来た時間と、いろんな想い出の心の中に
          優しく照らす暖かい光の希望のような、説明出来ない感動があり
          ジャクソン・ブラウンの音楽と、そのライブの素晴らしさを
          またまた、あらためて知る事が出来たライブだった。

           

          そして、またまた、会える事を願って・・

           

          By Beat

           

           


          またまた悲しい訃報・・・ハートランド・ロックと言われたトム・ペティ

          0

            JUGEMテーマ:音楽

             

             

            先週、トム・ペティが亡くなったのをネットニュースで知った。

            私の大好きな、ブルース・スプリングスティーンの兄弟のような存在で
            同じようにロッカーでもあり、メロディメーカーでもあり

            アメリカンロックの王道を走って来たトム・ペティ。

             

            バーズの様なフォークロックに、ストーンズのロックをプラスした様な
            ストレートなロックンロール。それ以上に黒っぽいフィーリングもあり

            サザンロックのテイストもあるサウンド。

            そんなサウンドにキャッチーなメロディに乗せて
            素晴らしい詩と彼のボーカルの声が、なんとも言えない
            リリシズムな味わいを醸し出してくれて

            大好きなロックアーティストの一人だった。

             

            リアルタイムでは1979年発売、日本では1980年発売のDamn the Torpedoes

            日本題は「破壊」のアルバムから知り、そして、よく聴いた。
            今でもレコード棚から引っ張り出してよく聴く。

             

            その当時、「破壊」のアルバムと

            1980年発売のブルース・スプリングスティーンの「ザ・リバー」のアルバムと
            同じく1980年発売のジャクソン・ブラウンの「ホールド・アウト」
            のアルバムは引っ切り無しにターンテーブルに乗っていた。

             

             

            私にとって、洋楽では彼らの音楽は精神的な支柱の音楽であって
            今だにかけがえのない音楽でもあり、必ず聴き続けて来たアーティスト達なのだ。

             

            久しぶりに連休の休日に、追悼の意を込めて彼のアルバムを聴き
            今月、来日もするジャクソン・ブラウンの日本でのライブアルバムの
            新譜も発売されて聴き....やっぱり彼らの良さを改めて感じた休日だったが....


            もう、優れた作品を送り出し続けたトム・ペティの新譜が聴けないなんて・・・

             

            またまた、こんな素晴らしいロックアーティストが
            いなくなるのは本当に残念だ。

             

            歳を重ねると悲しいことが多くなる・・・

             

            By Beat

             


            佐野元春&ザ・コヨーテバンド 2017年新作『MANIJU(マニジュ)』を聴いて・・・

            0

              JUGEMテーマ:音楽

               

               

              まず、『MANIJU(マニジュ)』と言うアルバム名から何なんだろうと思った?
              名前なのか?精神的 な表現なのか?分からない・・・
              そして、ジャケットアートの不思議なポップな感じが心に染み渡り続ける。
              それは、煌びやかな花の帽子を被って、女性の顔から涙がこぼれている・・・
              華やかでポップなのに涙が溢れている・・意味深ささえ感じさせてくれる。

               

              アルバムを聴くと、ここにある12曲の楽曲はまた、新しい佐野元春の世界が
              今の時代に沿った世界を、ポップなメロディに乗せて社会的なメッセージや
              愛のメッセージにと、そのビート詩的なリリックとビートが奏でる
              その世界は私の大切な心の世界に訴えかけ続けてくれる・・・

               

              また、サウンドはポップ、ポップなアレンジでアンサンブルの豊かな感じで
              言われた通りサイケデリック(リボルバー、サージェントの頃の
              ビートルズに影響されてるかな?)、フォークロック(ディラン・バーズなどに

              影響されてるかな?)ニューソウル(マーヴィン・ゲイに影響されてるかな?)

              などなど多彩でポップなサウンドが満載である。

               

              何よりも最後の曲、マニジュは素晴らしく、このジャケットアートの
              世界のように美しくも儚い世界を写し出した名曲でもあり
              本当に何度も聴きたくなってしまうアルバムでもある。

               

              そんな、佐野さんはもう60歳を超えて、デヴューして37年・・
              私もファンになって35年近くになる訳だが・・・
              60代になって、こんなアルバムを作るアーテイストはいるのだろーか?
              普通であれば、過去の焼き直しや、似た様な感じのアルバム
              過去ヒットした曲のベスト盤など出し続けているのが
              殆んどではないのではないか?

               

              今回のアルバムは、確かに私より若い世代に
              アプローチした感じの作品でもあるが
              また、新しい世界に一歩前に前進した感じでもある。

              まさか、60歳を超えている人が作ったアルバムとは思えないぐらい、
              エヴァーヤングな気持ちにさせてくれる。


              しかも、ありきたりの言葉での恋愛ソング、応援ソングが蔓延る
              今の日本のミュージック界に置いて、これほど美しいジャケットアートや

              詩的な世界を放った素晴らしいアレンジのポップなロックアルバムを

              出して貰った事に、35年近くのファンとしては本当に嬉しく思う。

               

              そして、このアルバムのマニジュの意味の答えは
              そのビートとの共感の中にあるかもしれない。

               

              あとはまた、ライブで会える事を願って--

               

              By Beat

               


              ビートルズのアルバム・・Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Bandの50周年記念のリミックス盤を聴いて

              0

                JUGEMテーマ:音楽

                 

                 

                ロック史上最高傑作ともいわれる名盤、ビートルズの

                Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Bandの50周年記念のリミックス盤が出た。

                 

                当然、私も6枚組スーパー・デラックス盤とアナログ盤を買った。

                これで、このアルバムだけで何枚買っただろ〜と、ちょっと

                レコード棚とCD棚を確認したらすごい数になる。

                 

                まず、レコードは中学校の頃に亡き親父に初めて買ってもらった
                アップルのフォーエヴァー帯から始まり、そして国旗帯盤に
                赤版のオデオン盤に、オリジナルのパーロフォン盤
                それから、2009年のリマスター盤、リマスターMONO盤と

                そして今回のアルバム。

                 

                CDは、80年代のCD、2009年リマスターCD、リマスターmonoCD
                そして今回のリミックス盤...と、いう訳で・・・・

                かなり持っているんだが、それでも買ってしまうのは
                これはどしようもなく、ビートルズ関係が出れば全て買ってしまうと言う
                一種の病気でもあり、ブラックホールでもあり、サンクチュアリーなのだ。

                 

                 

                始まりは、初めてビートルズのレコードを亡き親父から中学生の頃
                買ってもらったのが、このアルバムと、A Hard Day's Nightの2枚を
                一緒に買ってもらって、初めは、Sgt. Pepper'sの方は何かモヤモヤした感じで、
                僕の好きな初期のロックン・ロール的な感じでなく、このアルバムの良さが分からず、
                A Hard Day's Nightばかり聴いていたのを思い出す。

                 

                それから年月が流れ、いろんなアーチィストのアルバムを聴くようになり
                このアルバムの素晴らしさが分かり、今では定番的によくターンテーブルに乗せている。

                そして、中学生からこのアルバムは何回聴いたのか?定かでではないが
                1万回は聴いているかもしれない。

                 

                それだけ、このアルバムの持つ40分近くの音楽の世界は
                ジャケットアートの世界から、ロックを超えたクラッシック的な作品世界が放つ
                壮大な音と空気感の芸術的な美しさがあり、このアルバムから
                ロックミュージックが変わって行ったと言う歴史的な素晴らしいアルバムであると思う。

                 

                そんな今回のリミックスは、オリジナルmonoをステレオ化すると言う意図でやったらしく
                確かに、リンゴのドラムの音とポールのベースの音の強さが全面に出て
                聴いていて気持ちがいい。

                 

                今、このリミックス盤のアルバムは50年前に出たアルバムと思えず
                現在に出たアルバムと言っても遜色ない音だろう。

                 

                ただ、やっぱりオリジナルのような靄が掛かったような音が
                このアルバムの感覚でもあるんだが、、
                こんな音的な事を思うのは、ビーチ・ボーイズのPet Soundsのアルバム
                ぐらいしか思いつ かないんだが・・・

                現に、私もPet Soundsのアルバムもこのアルバムと同じぐらい持って
                いるから仕方ないんだけど・・・

                 

                こんな60年代の名盤のアルバムはやっぱりCDではなく
                大きなジャケットを眺めながらアナログで聴くのがいい。

                 

                まあ〜こんなコレクション数々、普通の人には理解されないんだろ〜な、、
                もし、私が死んだら誰かに二束三文で売られるか

                捨てられるか、どうなるのやら・・・・

                 

                それでも収集の旅は続いて、マッキントッシュのアンプにJBLのスピーカーから
                流れる音楽の至福のひと時を死ぬまで楽しんでいくんだろ〜な・・・

                 

                by Beat

                 

                 


                ポール・マッカートニーの「ワン・オン・ワン・ツアー」を東京ドームで観た。

                0

                  JUGEMテーマ:音楽

                   

                  GWの始まりの日.....

                  ポール・マッカートニーの「ワン・オン・ワン・ツアー」を4月29日に東京ドームで観た。

                   

                  最近は、仕事意外で年齢を重ねるに連れて流される毎日に、腰が重くなり・・・
                  そうはなりたくはないんだが、、ポール・マッカートニーが
                  ライブで来ると言えばまだまだ、東京でも行ってしまうぐらいのフットワークはあるんだなぁ〜


                  と、言う訳で4月29日の土曜の休日と言う事もあり、チケットの抽選も当たった事もあり
                  もしかしてこれが最後の来日かと思い、、思い切って行く事にした。

                  前回、東京ドームでのアウト・ゼアー・ツアーから2年振りに観て、今回で5回のツアーを観た訳だが
                  またまた、アリーナじゃなく、1塁側のスタンドで、まめ粒ぐらいにしか観れなかったが、
                  仕方ないと諦めるとして…

                   

                   

                  なんと、僕の大好きなジョン・レノンのメインボーカルの曲のA Hard Day’s Night で
                  始まったライヴは、ビートルズナンバー中心のセットリストの中、Love Me Do や
                  初めてレコーディングした In Spite of All the Danger も演奏され
                  アコースティック、バラッドありの、ヘフナーとレスポールを持ってロックンロールありの…
                  前回とさほど変わらないベスト的な選曲の数々で、ビートルズから始まったファンとしては
                  前回も思ったが、やっぱりこれでも、いいんだよ〜と 納得させられた内容で
                  何よりも、4年前に観た時や、2年前に観た時と、殆ど変わらない姿や
                  2時間30分近くの、全39曲のライブパフォーマンスで、一切水も飲まないポールは
                  本当に74歳なのか?と思えない程、すごいとしか言いようが無く、

                  本当に観てるだけで、幸せな気持ちになり、元気をもらい

                  ありがとうと言いたいライブだった。

                   

                   

                  あとは、ブルース・スプリングスティーンが来日してくれれば、東京でもまたまた
                  重い腰を上げて行くんだけどな〜〜


                  そしてまた、会える事を願って・・・・


                  By Beat

                   


                  桜の舞う季節のグレングールド/ブラームス間奏曲集

                  0

                    JUGEMテーマ:

                     

                    朝の散歩道。

                     

                    公園で薄く透き通った桜の花びらのはらはらと散りゆく様を、
                    朝日が光るモノローグの景色の中の木の下から眺めている・・

                     

                    桜の美しさはほんの一瞬で、出会いの悦びと別れの悲哀が錯綜する季節

                     

                    チョット肌寒い空気と静まりかえったその光景の中に浮かぶ景色が

                    無常と背中合わせでやって来ては通りすがって行き、
                    映画のワンシーン の様に2017年の春の一瞬の季節の美しさが
                    無に帰していく・・・

                     

                    ターンテーブルに針を落とす・・

                     

                    こんな日の流れる音楽はロックでもなく、ソウルでもなく、ジャズでもなく、
                    このアルバムがいい・・

                    そして、この音の全てが、僕の感情の隙間にほんの一瞬、
                    安定剤のように心地よくしてくれる


                    グレングールド/ブラームス間奏曲集

                     

                     

                    By Beat


                    結婚式に行きました。

                    0

                      JUGEMテーマ:日記・一般

                       

                       

                       

                      先週の土曜日は友人の結婚式でした!

                      友人は年も同じでドラムをやってるやつ、
                      そして僕も2年前結婚した身分なので
                      なんだか感慨深い!

                      今回はいつもの如く祝うだけでなく、
                      個人的なミッションがたくさんありました。

                      1.友人代表スピーチ
                      2.ドラムを叩く
                      3.ベースを弾く

                      ドラム以外は滅多にやらないので緊張しましたね。
                      ベースに関しては前回のブログでお話したアレです。
                      普段ステージの後ろで椅子に座ってドカドカやってる

                      身分なのでいつもと勝手が違う。
                      でも楽しかったのでOK!

                      全てが終わった後、安心したのか久しぶりに

                      浴びるようにお酒を飲みました。
                      ※24時間営業の居酒屋が出来たのが悪い!

                      次の日の昼前まで飲んで、起きたらもう月曜の朝でした。
                      僕にどうやら2017年3月5日(日)は存在しなかったみたいです...

                      By YAKU
                       


                      calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      recommend
                      THE VISITOR [CD]
                      THE VISITOR [CD] (JUGEMレビュー »)
                      NEIL YOUNG + PROMISE OF THE REAL
                      recommend
                      recommend
                      フー・ビルト・ザ・ムーン?(通常盤)
                      フー・ビルト・ザ・ムーン?(通常盤) (JUGEMレビュー »)
                      ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM