<< 初めて・・・・です | main | やったぜ >>

歓喜の新シーズン「プリズン・ブレイク シーズン5」

0

    プリズン・ブレイクがまさかの復活!
    世界中が沸いたこのニュース、あのマイケルが実は生きていた
    という展開に感動し、号泣した海外ファンも少なくないでしょう。
    僕もその一人です。

     

    さてシーズン5はエピソード数が減って全9話でした。
    展開が早く内容がたっぷりで凝縮されていて、
    こういうプリズン・ブレイクも面白いと思いました。
    脚本が素晴らしい証拠ですね。

     

    ※この先ネタバレ注意

    今回もっとも良かったと思ったのが、
    過去シーズンのキャラ達が登場したことです!
    特にティーバッグに息子がいたなんて…
    しかもマイケルの新しい相棒ウィップだとは!
    ウィップにティーバッグのような変態要素はないけど、
    気性が荒いところはティーバッグの血を引いてる感じのいいキャラです。

     

    見始める前、「死んだはずのマイケルをどうやって
    死んでなかったことにするのだろう」と
    思ってましたが、脚本家ポール・シェアリングに脱帽ですね。
    免責なんてされてないとジェイコブに言われ
    協力しないとサラ(マイケルの妻)とリンカーン(マイケルの兄)を
    刑務所に入れると脅され、家族との接触も許されなかったマイケルは、
    息子やサラのことを想いながらも、
    自分を犠牲にして死んだことにしていたわけです。

     

    サラの再婚相手のジェイコブが実は“黒幕”で最悪…
    マイケルの息子マイクに「サラは殺された」と嘘をつき絶望させた後、
    マイケルのことを「あの男は恐ろしい殺人犯で父親ではないと騙し、
    さらに誘拐…最低です。
    マイケルのことを凶悪犯と信じてしまったマイクは
    ジェイコブをパパと呼び、「パパに近づくな」とマイケルに激怒!
    せっかく再開できたのに憎まれてしまうというあまりに切なく、
    心が引き裂かれるようなシーンもありました…。

     

    脱獄に関しては、シーズン1のあの完璧な脱獄を
    超えていくのかと期待してましたが
    正直なところ、今回のオギュギア刑務所からの脱獄は
    そこまで計画的で壮大な感じではなかったです。
    プリズン・ブレイクといえばマイケルの頭脳を駆使した
    脱獄計画が見どころなので、そこが少し残念でした。

     

    僕の大好きなキャラ、ティーバッグの出所で始まり、
    ティーバッグが再び刑務所に戻って幕を下ろすという
    最高の終わり方でした。
    息子の登場で父親というこれまでに想像できなかった
    新たな顔も見ることができました。

     

    いや〜面白かった!
    ここまで面白いと、続きを期待しますが、
    脚本家のポール・シェアリングによると、
    新たな脱獄ストーリーが思いつかないということで
    シーズン6制作の可能性は低いみたいです。
    まだ確定ではないので、シーズン6に期待し続けたいと思います。

     

    by CHOKU


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    recommend
    recommend
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM