ペルソナ5 始めました。

0

    JUGEMテーマ:ゲーム

     

    By

     

    アトラスさんのゲームはスーパーファミコンの『真・女神転生』以来で

    あの鬼畜な難易度がトラウマになったこともありそれ以来手は出してなかったのですが…

     

    シリーズ5作目にしてようやく手を出しました。

    ただ、PS3でのプレイになります

     

    評判等をみて買うことを決めたんですが

     

    BGMがお洒落で、戦闘がスタイリッシュで

    作中で扱われる悪に現実味があり

    最近のニュース等でよく見る内容の出来事で結構考えさせられます

     

    まだ初めて少しですが既にハマりつつあります。

     

    これからどんな展開になるのか楽しみです。

     

    皆様にもおすすめです

     

    By  p-nuts

     


    久しぶりのパン屋さんのパンには感動しました。

    0

      JUGEMテーマ:美味しいパン

       

       

      つい先日のある日曜日、上司オススメの市内某所のパン屋に行きました。実はここ最近、私の行動エリア内のパン屋に結構行きます、元々私は特別にパン屋には興味は若い頃からそんなになかったんですが、あるきっかけがあり嫁さん始動でパン屋さんめぐりになりになりました。普段からわざわざ出かけてまでパンを買うこと自体に、ほとんど関心が無くて家になんとなくあればたまに口にする程度でした。


      それが久しぶりのパン屋さんのパンというのもあったと思うんですが、なぜか無性にうまかったのです。最近インドア派の私としては・・・またそこの『伊三郎製パン』が安くて美味しいのです。しかもすべて100円!ここ最近年齢のせいか若い頃より美味しいと思うことがあましなかったので。


      ただし袋詰めはセルフですしポイントカード的なものは無いです。(経費節減ですね)お店の様子を見てますと、人間の心理ですね、同じ100円なもんだから明らかに高そうなパンから売れていきます。カレーパン、グラタン風、ウインナーが入ってる物など私もそんな感覚で選んでました。だから早い段階で売り切れてしまいます。


      朝一番早いのはパン屋のおじさんという歌がありましたが・・

      聞くところによるとお米よりもパンの方が体にいいとか。

       

      まだまだ市内にはパン屋さんはたくさんありますが、

      これからも、パン屋さん巡りが続きそうなこの頃です。

       

      From きんきん


      落ち着いた日々

      0

        JUGEMテーマ:日記・一般

         


        通勤にバスを利用している。

         

        ある日の事、そろそろバスが来る時間かと会社を出た。

        バス停までの途中、少し時間に余裕があったので、スーパーによって夕食の
        惣菜を買う事にした。

        どれにしようかと迷っているうちに、バスの時間まであと数分と気付いた。

        慌ててレジで会計をすました。

         

        右手にレーシート、左手におつり数百円握っていた。
        レシートはいらないと捨てることにした。

        その時慌てていたのか、左手に握っているおつりをゴミ箱に捨ててしまった。

        拾わなければと思いつつ、バスまで時間が無い。

        一瞬迷ったが、おつりを探すことにした。

        運よくすぐに見つかった。

         

        バス停まで走った。
        何とか間に合った。


        年を重ねると刺激的な事が少なくなる。

        私にとっては久しぶりの刺激だった。

         

        しかし慌てることは良くない。

         

        今日も一日落ち着いて仕事をしようと、

        ブログを書きながら思った。


        By Yuck
         


        最近のアニメ

        0

          JUGEMテーマ:アニメなんでも

           

          このところ、これ見たいってアニメが少なかったんですが

           

          銀河英雄伝説 Die Neue These

           

           

          田中芳樹の小説をアニメ化

          1988年から2000年までの前作のシリーズとは

          全くの別物

           

          声優陣からキャラデザインまで一新された

          前シリーズは宝塚歌劇にもなったが

          今作はなりにくい線の細いキャラデザイン。

           

          前シリーズと大きく違っていたのは戦闘シーン

          CGでスピード感が出ていてびっくり

           

          時間軸も帝国と同盟の二つの時間軸を

          1話ごとに分けていて納得

           

          Youtubeなどで解説動画など

          も氾濫してます。

           

          なんだかんだ言っても結局

          見ることになるんです。

           

          By 天地無用


          アイドル「西城秀樹」

          0

            JUGEMテーマ:音楽

             

             

            学校のころ「郷ひろみ、野口五郎、西城秀樹」がものすごい人気でした。いわゆる「スター」と呼ばれアイドルの頂点でもあり「新御三家」なんて呼ばれていました。その中のひとり、先日亡くなった西城秀樹の思い出話を書きたいと思います。

             

            私は小学校のころ人口1万人にも満たない小さな町で暮らしていました。そんな田舎の中でも町の中心に家がありましたから、中学生や高校生が通う通学路に面していたこともあり、家の中にいても外から話声が聞こえてきたり、たまに外を歩く女子高生のカバンには郷ひろみ、野口五郎、西城秀樹のステッカーが貼ってあったりしたのを記憶しています。


            同級生の女子の中にもファンが多く、「私ヒデキ」「私はゴロー」「ヒロミよね」なんていうテンションの高い声、下敷きには雑誌を切り抜いたのでしょう大好きなアイドルの写真を挟んでいる女子ばかり。テレビをつけると当時は歌番組が多かったこともあって、男性タレントでは西城秀樹らなんですが、女性タレントは山口百恵、桜田淳子、森昌子といった感じです。今でこそCDやネットで簡単に視聴できますが、当時はレコードやカセットが主流の時代。今でもはっきりと記憶しているのですが、小学校5年の時、唯一西城秀樹のレコードを母親に買ってもらいました。「白い教会」というタイトルのその曲は、西城秀樹っぽさを感じさせないノリのいいビートのきいた感じとは打って変わって、暗く、悲しいイメージなんですが、ちょっと洋式を取り入れたような曲調。なぜかこの曲のイメージがとても好きで、何度も何度も聞いていたんですが、西城秀樹の歌う曲の中であまり売れた方ではなかったようです。

             

            当時、同じクラスに「英樹」という名前の同級生がいまして、頭もよく、運動神経抜群、両親とも公務員、自宅にはグランドピアノがあるとても裕福な家庭でうちとは大違い。その英樹君、名前が英樹だっただけで周りの女子に「ヒデキ〜〜」なんて茶化されるわけですが、そのモテモテの光景に私や仲のいい友達たちは英樹君に対して態度こそ普段通りなんですが、頭の中は「このやろう」といつも嫉妬。野球が流行っていた当時、英樹君はキャプテンでキャッチャーというポジション。バッターボックスに立てば「ヒデキ〜打ってぇ〜」「キャ〜ヒデキィィィ」ですからね、ヒットでも打てばもうウルサイのなんの。しかもチームの中心でしたから、まぁ嫉妬もありましたが、英樹君、相当かっこよかったですね。

             

            先日亡くなった西城秀樹。おそらくY.M.C.Aや数々のヒット曲の数々が強く印象に残っている方も多いのでしょうけど、私は小学校のときによく遊んだ「英樹君」を思い出します。ちなみにうちの娘は西城秀樹といえば「ちびまる子ちゃん」のイメージらしく、アニメのエンディングのテーマ「走れ正直者」を思い出すそうです。

             

            By めたる爺さん

             


            佐野元春 & THE HOBO KING BANDの新作アルバム『自由の岸辺 』を聴いた

            0

              JUGEMテーマ:音楽

               

               

              最近の私の仕事以外を見れば、GWには映画館で映画を観に行ったり、アウトレットに買い物に行ったり、久しぶりの友達と飲んだりと、それなりに楽しくはしてるが、それ以外は、たまに朝の散歩に、ソファに座り愛犬を可愛いがるか、本を読むか、音楽を聴くか、映画を観るか、海外ドラマを観続けるか、そんな風景しか見えない。


              どうした?そんなに感動する事の限定された世界もがブラックホールの中に吸い込まれて行っているのか?日々の生活の為に流され、人生を捧げているのか?たまには新緑の木漏れ日の光を求めて高原のドライブもいいだろう、確かにそんなドライブもする。
              また、昔の様に夢中になれる事をやり続ける事もいいだろう、、
              歳を重ねると、どうもいろんなジレンマに陥ってしまう。

               

              そんな季節の中、佐野さんの新譜のアルバム「自由への岸辺」がアマゾンから届き聴いた。

               

              2017年にリリースされた新作アルバム「マニジュ」から10ヶ月後に届けられた新作で、過去の曲をセルフカバーした楽曲を集めたアルバムなんだが、長年のファンとしては、どうしてもこの手のアルバムは軽い気持ちで聴くしかない。
              各楽曲のオリジナルには想い入れがあり、それを超える事は出来ないからだ。

              ただ、多彩なビートを絡めたサウンドが、新たな楽曲として生まれ変わったように楽しめるんだが、今の私にこのアルバムから流れる楽曲の数々が私の心に響きわたり、何かを超えて行っているのだろうか?
              確かに、オーガニックなアコースティック的なサウンドの心地良さもあるが、前作の「マニジュ」や、その楽曲のオリジナルが出た時の頃の様な感動を求める様なアルバムではないだろう。まぁ、この様なアルバムでは仕方ない事なんだが・・・


              ここ数年佐野さんは、毎年、東京と大阪でビルボードのライブハウスでライブをする。
              過去1回、東京で1番最前席の真ん中で観た事があるんだが、ホールでやるロックロックしたライブでなく、このアルバムの様なアレンジで、アコースティック的な感じで、お酒を飲みながら観るビルボードライブに合う心地良い感じで、違う意味で良かったライブなんだが、そんなライブを何回かやるうちに、反応も良かった事もあり、その流れでプロフェッショナルなホーボーキングバンドとアルバムを作ってみた感じなのか?ちょっと過去を見つめ直し、ノスタルジーに流されず、次のステップアップにシフトする為にも必要だったんだろう。それでもファンとしては納得のアルバムで、他のアルバム同様聴き続けて行くだろう。それだけの想い入れが、長い年月の中、血となり、汗となり、身体の一部となって生き続けているんだからしょうがない。

               

              それでいいんだ。

               

              そう、私にとっては全ていい楽曲なんだから・・・

               

              まさしく、自由の岸辺がそこにあることを信じ、

              いつかたどり着つける事を願いつつ、

              今の私のありふれた生活の友として・・・

               

              そして、新たなオリジナルな新譜を待ち望んで当分流れ続けて行くだろう。

               

              By Beat

               

               


              OLランチ♡♡♡

              0

                ランチタイムが楽しみな今日この頃。。。

                 

                1時間のお昼休みで行ける範囲なので場所が限られますが、

                あちこち連れて行ってもらってます(*^_^*)

                 

                先日も、女子社員でランチ女子会をしてきました♡

                辛い物好きな私は、辛麺屋さん巡りも楽しいです〜

                まだまだ 行ってみたいお店がたくさん!!!

                みなさん おススメのお店があったらおしえて下さいね★

                 

                ⓎⓊⓂⒾ


                Disney Sea&Land✨

                0

                  JUGEMテーマ:国内小旅行

                   

                  5/11〜5/14の3泊4間で、東京にいきました☆

                  長男の6歳の誕生日が5/13で、誕生日プレゼント🎁として・・・www

                   

                   

                  私自身も去年のハロウィンに行ってから、だだハマリでしてwww

                  こども達はディズニー大好きだったので、もう親子でテンションが凄かったです!!

                   

                  おやすみを頂いて行かせてもらいました(;^ω^)

                  会社と同僚にはすごく感謝でいっぱいです!!

                  また…行きたいんで、仕事頑張ります☆

                   

                  akiho///


                  Wash up!!!

                  0

                    こ こ こんにちは

                     

                    かっぱです。

                     

                     

                    僕は週末、天気がいいと

                    出掛けません。

                     

                     

                    洗濯日和だからです。

                     

                     

                    そうやって酷使される洗濯機は

                     

                    とても汚れているに違いありません。

                     

                     

                    もう一昨年の夏頃の話ですが、

                     

                    洗濯機を洗濯しようと思って

                     

                    分解しました。

                     

                    戻せる自信はありませんでしたが

                     

                    まあ、いいだろう。

                     

                     

                     

                     

                     

                    洗濯槽を抜き出すのが大変でしたが、

                     

                    全部、くまなく洗うことができて

                     

                    大満足でした。

                     

                     

                     

                    また汚れるのが嫌で

                     

                    洗濯するのやめようかと思いましたが

                     

                    新品みたいな洗濯機で

                     

                    洗濯するのは、とっても気分がいいです。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    もう二度と分解したくありません。


                    映画「レディ・プレイヤー1」

                    0

                      ゴールデンウィークに
                      友人と映画「レディ・プレイヤー1」観に行きました。

                       

                       

                      ヴァン・ヘイレンの『Jump』で幕を開ける本作。
                      知っている曲ですが改めて聴くとダサカッコいい…

                       

                      悲惨な現実から目を背けて、甘美なヴァーチャルリアリティに
                      入りびたる荒廃した近未来の地球を舞台に、そこに隠された宝を
                      めぐって繰り広げられる争奪戦を描いたSFアクション超大作です。

                       

                      バーチャル世界のアバターが動いていて、
                      現実にゲームしている大迫力の演出に、
                      スピード感が最高!!つい体が動いてしまうほど楽しい♪
                      ガンダムやメカゴジラも登場します!

                       

                      「アバターを介さずとも、人はなりたい自分になれる
                      バーチャルでもリアルでも、誰もが“自分が主人公”だと
                      思えるように、そっと背中を押してくれる」

                      そんなことを教えられた作品でした。

                       

                      男3人で映画もたまには良いものですね。
                      僕たちが行った時間は2Dの上映しか無かったので
                      そこが残念でした。

                      どうせ観るなら3Dで観たかったな〜

                       

                      by CHOKU

                       


                      calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << June 2018 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      フー・ビルト・ザ・ムーン?(通常盤)
                      フー・ビルト・ザ・ムーン?(通常盤) (JUGEMレビュー »)
                      ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM